トップ > コラム > 元請になるとどうなるの

元請になるとどうなるの

  下請工事業脱却 村松利孝 SPECIAL
村松利孝 SPECIAL

下請工事業脱却コンサルタント

有限会社村松鈑金東京オフィス 代表取締役 村松利孝

屋根の板金工事業で、完全自前受注体制を築き上げた異色の現役社長コンサルタント。稼業を継ぐも、下請けの理不尽さに憤慨。下請け脱却を目指して20年、工事業の直販体制づくりを実現。その貴重なノウハウを同業に惜しみなく公開指導する。

当コンサルタント開催セミナーがあります。

さて今回は、「元請になると、どうなるの」です。

先日、宮城まで出張っていましたので、帰りの道中、普段会えない方の会社訪問してきました。その会社は、茨城の左官工事の会社です。

ここの社長は、職人の教育にとっても熱心に取り組んでおられます。

そして、やはり私と同じ、直接受注を仕事の大半にしています。一職人として、また経営者としての両立を兼ね備え、日々頑張っておみえです。

興味深かったのは、左官という専門工事も個人のお客様宅への壁リフォーム提案が当社のように可能ということでした。左官ならではの内外壁の風合い、仕上がりを武器にしっかり直販経営されているようです。勉強になりました。

やはり、自分の一番強い専門領域での直接受注ほどうまくいくのでしょう。専門工事業は直接元請受注すべきと改めて確信しました。

当コンサルタントの関連商品を販売しています。

話を戻します。

元請になると、どうなるの」は、弊社出展ブースにたまたま、立ち寄られた方からの声です。専門工事業は、通常、親会社である建設会社の下請け受注で成り立ちます。というか、何の疑問もなく毎日、元請会社からの仕事をしています。なので、こんな素朴な質問も実は当然です

そもそも専門工事会社は自ら元請になること自体、考えないということを教えていただいた。

将来の心配もなく、今後も元請さんからの仕事で会社や生活が成り立つなら、あえて直接販売や受注からの工事など必要ないですよね。かえって工事の責任が伴いますから。

でも、今後の将来を真剣に考えたとき、私は、多くの専門工事会社は、自立した経営が必ず必要になると考えます。

元請頼みの売上が減少したら、体力が衰えてきたら・・・・

実は、自分の売上は自分で作れないと誰も助けてくれない!

いかがでしょうか。

未来を考え行動を今起こすか、今特に問題ないから、何も手を打たないでは、望む将来の結果は大きく変わります。

と、言っても、そこまでの危機感がないその方には、

今よりちょっと儲かりますよ。

とだけ、お伝えしておきました。

あなたは、今の下請けの忙しさに本当に満足していますか

もし、元請からの仕事がなくなった時、食っていけますか

その下請け工事、本当に儲かっていますか

弊社は、専門工事会社の直販化100%を実現している現役経営者の村松の考え方、具体的な実務の直販経営ノウハウすべてを提供しています。

どうしても気になる、やってみたい!うちの会社でも実現可能なのかは、「思いたった今」こそです!村松まで今すぐお問合せください。

そのうち、ゆくゆくはでは一生変わりません

今度は、あなたがアクションを起こす番です。

 

当コンサルタント開催セミナーがあります。

【工事業専門】直販工事受注への視点
村松利孝

下請工事業脱却コンサルタント

有限会社村松鈑金東京オフィス代表取締役

村松利孝

執筆者のWebサイトはこちら http://motoukeka.com/

当コンサルタントの関連商品を販売しています。
当社の関連商品を販売しています。
月刊誌(無料)登録フォーム

×