トップ > コラム > ひと昔前の『経営者の役割』とこれからの時代の『経営者の役割』の違いとは

ひと昔前の『経営者の役割』とこれからの時代の『経営者の役割』の違いとは

  ホスピタリティビジネス 船坂光弘 SPECIAL
船坂光弘 SPECIAL

ホスピタリティビジネスコンサルタント

ザ・ホスピタリティチーム株式会社 代表取締役 船坂光弘

「お金になるホスピタリティビジネス」構築の専門コンサルタント。ホテルやウェディングビジネスのみならず、異業種のホスピタリティを軸とした新ビジネス立ち上げも指導。

当コンサルタント開催セミナーがあります。

終身雇用の崩壊、働き方改革、労働者有利な環境、採用難など経営を取り巻く環境は厳しさの一途を辿っています。

一方で、景気は良いと巷で言われるほど実感も無く、激変するマーケットの中で、経営者は社員を叱咤激励しながら他社との競争に凌ぎを削っています。

そんな大変な環境の中でも、経営者は社員の雇用を守りながら会社を継続する為に結果を出し続けなければなりません。

一方で、雇用される働く側の意識も昔と今では大きく変化しています。

一生、この会社で働こうと思っている社員は皆無で、「この会社にお世話になっている」というよりは、「労働者の権利」を主張するモンスター社員。

また、出世欲のあるスタッフは少なく、定時で仕事を終わらせ、仕事以外の人生を楽むことを重視したり、自分の特技や趣味を生かしてサイドビジネスで少額でもお金を稼ぐような、ダブルワークもこれから更に増え続けるでしょう。

また、多少不安定でも企業で働くのではなく、自分の専門性を生かしたフリーランスという働き方を選択している人も明らかに増えていますし、そのフリーランスを活用している企業も増えています。

当コンサルタントの関連商品を販売しています。

つまり、このような環境の中で「社員が企業に所属する意味」を明確に見出せなければ、これまでと同じ経営をしていてもどんどん社員は居なくなるでしょう。

従って、社員が企業に所属する昔と今の違いは、

昔:企業に所属する=お金を稼ぐ場

から、

今:企業に所属する=意味・意義を見出す場、自己実現の場

に移り変わってきているということを経営者は認識する必要があります。

マズローの5段階欲求では、人はひとつの欲求を満たすとひとつ上の欲求を求めるという理論があります。

  1. 生存欲求
  2. 安全欲求
  3. 所属と愛の欲求
  4. 承認欲求
  5. 自己実現欲求

このような成熟した社会では、戦後のように明日食べるものさえあるか分からないといった生存欲求さえ満たされていないという時代から比べると、人の欲求のレベルは各段に上がっており、最上の「自己実現欲求」を満たす為に自分の人生の時間をどう使うかと考える人も増えています。

このような事からもこれからの時代の経営者の役割は大きく変わってくることを強く認識する必要があります。

それでは、経営者はどのような役割を果たせば良いのでしょうか?

これからの時代の経営者の重要な3つ役割は、

① 社員がこの会社で働く意味づけを明確にする

この会社が、顧客に対して、社会に対して、何を提供し、どんな事を約束しているのかということを明確にする必要があり、それが、いわゆる経営理念や社是のようなものですが、それもあるだけ、唱和するだけでなく、経営者はそれを常に語り、それを地でいく会社の文化、風土を創る努力をする必要があります。

それが働く側の共感のできる価値観となれば、自社で働く意味・意義を感じて、自分がここでお役に立つことで、自分ひとりではできない顧客や社会への貢献にやりがいを感じることができます。

② 社員の自己実現のサポートをする

会社が一方的に決めた人事評価の目標設定では、社員は本気になって働く気にならないのは明白です。

社員ひとりひとりが、どうなりたいか、この仕事を通して何を成し遂げようとしているかを知り、上司や経営者はそれをサポートするといったことが、結果的に社員のやる気や生産性向上、ロイヤリティに繋がります。

③ 仕事に誇りを持たせる

自分の仕事に誇りが持てるかどうかは、ここで働く意味に大きく影響します。

誇りを持って働くのに一番大切なのは、上司や経営者が自社の仕事に誇りを持って働いているかどうか、そして、それを各スタッフに情熱を持って常日頃から語っているかどうかです。

いつも先輩や上司が会社の悪口や愚痴を言っている会社で働きたいと思う社員は居ません。

これからは、儲かればいいというだけでなく、その会社の考え方やあり方が、顧客からだけでなく社員からも問われ、そこに共感できる価値があるかどうかが、支持され続ける企業になるかどうかを大きく左右します。

その上でホスピタリティが果たす役割は大きく、そのような、社員の協働による相乗効果を生む企業「ホスピタリティカンパニー」への取り組みへの要望が以前に比べて大幅に増えています。

あなたの会社の経営はどんな役割を担っていますか

 

当コンサルタント開催セミナーがあります。

【経営コラム】ホスピタリティで新ビジネスを生み出す視点
船坂光弘

ホスピタリティビジネスコンサルタント

ザ・ホスピタリティチーム株式会社代表取締役

船坂光弘

執筆者のWebサイトはこちら http://www.thehospitalityteam.jp/

当コンサルタントの関連商品を販売しています。
当社の関連商品を販売しています。
月刊誌(無料)登録フォーム

×