トップ > コラム > 受け身に安住すると、いつまでも安定しない

受け身に安住すると、いつまでも安定しない

  商品開発 四谷剛毅 SPECIAL
四谷剛毅 SPECIAL

商品開発コンサルタント

株式会社シンプルテックプラン 代表取締役 四谷剛毅

商品開発コンサルタント。特に開発部門を持たずに売れる商品開発を実現する、独自の「デベロップレス」体制づくりに定評。いま全国の中小メーカー企業の業績躍進の新手法として、多くの企業から指導依頼が集まる注目のコンサルタント。

「どうせ上手くいかない」
自社商品の開発を決意したある社長に対する、社員の反応です。

この社長は、ずっと続けてきたOEM生産だけでは尻すぼみになることを感じ、自社商品の開発に取り組むことを決意しました。ところが、社員は、冷ややかで非協力的な反応を示す。

これは、この会社に限ったことでは無く、ずっと受け身を続けてきた企業の社員に、典型的に現れる症状です。

できるとわかっている、できて当たり前、受注が決まっている、売れるとわかっている、そういった仕事ばかりを受け身で続けてきた社員。そんな社員に典型的に現れる症状が、「主体的な開発への取り組みに対して、できない理由を語り、行動しようとしない」というものです。

「そんなことをしても、コレコレこういう理由で上手くいかない」

だったら「対案を示せ!」と言いたくなるところです。しかし、対案が出てくることはありません。彼らには、上手くいかないことはわかっても、上手くいく方法はわからない、からです。それならば、だまってやってくれれば良いのですが、受け身仕事に慣れてしまっていて、上手くいくと思えなければ動きたくない、という心理が働いてしまいます。

では、上手くいっている人たちは、その方法をどこから学んだのでしょうか?

世の中には、次々に新しい開発を成功させる人たちが少なからず居ます。彼らは、いったいどこから学んだのか?

まさか、生まれながらに上手くいく方法を知っていた訳では無いはずです。成功者も最初は、受け身社員と同じで上手くいく方法はわからなかったはず。いったい、両者は、どこで道が分かれたのか?

それは、次の一点に尽きます。
「挑戦したかどうか」
この一点です。

最初、成功者は、わからないながらも、「やってみた」はずです。そして、ほとんどの場合、最初は失敗したでしょう。しかし、成功者は、そこから学んだのです。

「誰もやったことが無いことに挑戦すると、そこから誰も知りえない知見が得られる」

成功者は、このことを自ら経験してよく知っています。そのため、一度、挑戦した人は、何度も挑戦します。失敗する度に必要な知見を学びます。そして、成功するために必要な要素をすべて学んだ時、成功を手に入れるのです。このサイクルが身に付いてくると、次々に新しい開発を成功させられるようになります。

最初は、上手くいかなくてもいいから、とにかくやる、
何度失敗してでも成功するまでやり続ける、

これが、受け身からの脱却を進める時、経営者に求められる覚悟です。
もし、社員から「どうせ上手くいかない」と言われたら、「だから、やるんだ!!」と切り返すようでなければなりません。

御社では、社員に前向きな失敗をさせていますか?
受け身に安住していては、成功の秘訣は、永久に得られません。

 

売れる商品開発を実現する社長の視点
四谷剛毅

商品開発コンサルタント

株式会社シンプルテックプラン代表取締役

四谷剛毅

執筆者のWebサイトはこちら http://stecplan.com/

当社の関連商品を販売しています。
月刊誌(無料)登録フォーム

×