トップ > コラム > リターンがある過ごし方、リターンがない過ごし方

リターンがある過ごし方、リターンがない過ごし方

  開業カウンセラー 矢場田勲 SPECIAL
矢場田勲 SPECIAL

開業カウンセラーコンサルタント

有限会社ライフビジョン 代表 矢場田勲

開業カウンセラーに特化して指導する、専門コンサルタント。自らカウンセラービジネスを立ち上げ、軌道に乗せた経緯から、カウンセラーとして独立、活躍していくために最も重要なビジネス的視点と実務アドバイスを惜しみなく提供。稼げないカウンセラーが多い中、救世主的存在。

「やらなくてはいけないことがあるのですが、ついダラダラとYouTubeを見てしまうんです」 

「一向に作業が進まないことで、自己嫌悪に陥っています。なにか効率的に動ける秘訣みたいなものはないですか?」 

こういったご相談を受けることがあります。

むしろ、ほとんどの方がこういった問題を抱えているのかもしれません。 

やらなければいけない。作業すれば自体は好転していくことはわかっている。

でも、気持ちとは裏腹に行動が伴わない。 

こういったときに意識したいことがあります。 

それは・・・ 

「今やっていることが将来的にどのように自分に返ってくるか」

をしっかり自覚することです。 

何気なく過ごした時間、投資した時間が将来的にどのようなリターンがあるか。

これを見ていきましょう。

 

今やっていることのリターンを3種類に分けてみます。

  • ローリターン
  • 短期的ハイリターン
  • 長期的リターン

 

この3種類です。一つずつ説明していきますね。 

1)ローリターン

例えば、漫然とマンガを読む。だらだらとテレビやYouTube動画を見る。

これは楽しいですが、ビジネス的にはあとあとのリターンが少ないか、ゼロかもしれません。

ストレス解消として必要な場合もあります。 

2)ハイリターン

精力的に仕事をして儲けを生み出す。割と短い期間で売り上げをあげるもの。

ビジネスにおいては必要なものになりますし、リターンとしては一番わかりやすいですね。 

3)長期的リターン

すぐにはリターンがないものの、長期的にみると、じわじわ効果が出てくるもの。

健康管理、メンタルケア、メンタルを鍛える、新しい知識を仕入れるために本を読む等。

効果がハッキリわかるわけではないので見過ごしがちです。ですが、とても大事なものです。 

この3つのバランスが大切になります。

1日のうち、どの要素が多いか意識するようにしましょう。

まずは、円グラフで表してみるとわかりやすいですね。手書きで十分です。 

上手くいかない人ほど1のローリターンの時間が多くなります。 

短期的に成功する人は、2のハイリターンが多いでしょう。

でも、これだけだと数年後には落ちてしまい業界から消えてしまう人もいます。 

あるいは、疲れ切ったまま突っ走り、落ちることへの恐怖感にさいなまれるようになるでしょう。 

長期的に成功する人は、2と3が多くなります。特に3の長期的リターンを大事にします。

リターンはすぐに実感できないものですが、積み重ねていく尊さを知っているので3を日課にしています。 

薄い紙はペラペラで厚みが感じられないものです。

でも、毎日1枚ずつ紙を積み重ねていって、1年も経てばどうでしょうか。

365枚積み重ねていけば、相当な厚みになっています。 

3の長期的リターンは、積み上がっていく性質を持ち合わせていますので、ほんの少しでもいいので心を配って進めていきましょう。

 

【開業カウンセラー】
矢場田勲

開業カウンセラーコンサルタント

有限会社ライフビジョン代表

矢場田勲

執筆者のWebサイトはこちら https://no1-support.jp/

当社の関連商品を販売しています。
月刊誌(無料)登録フォーム

×