トップ > コラム > 息子に新たな道を託す

息子に新たな道を託す

  下請工事業脱却 村松利孝 SPECIAL
村松利孝 SPECIAL

下請工事業脱却コンサルタント

有限会社村松鈑金東京オフィス 代表取締役 村松利孝

屋根の板金工事業で、完全自前受注体制を築き上げた異色の現役社長コンサルタント。稼業を継ぐも、下請けの理不尽さに憤慨。下請け脱却を目指して20年、工事業の直販体制づくりを実現。その貴重なノウハウを同業に惜しみなく公開指導する。

さて今回は、「息子に新たな道を託す」です。

先週、新たに弊社の個別コンサルをご採用くださった工事店さんの一回目の訪問指導に行ってきました。

この工事店の代表は、今までは下請工事としてずっと仕事があったが、ここ数年で、本当に受注が減ってきている。社員数も多く、それに見合った受注がなくなってきている

幸い、後継者に息子が手伝っているが、先行きの下請け受注量が心配で、ずっと打開策を模索していたところ、弊社を見つけた。そんな経緯でのご縁でした。

今のままでは、自分の代はいいかもしれないが、後継者である息子の代の工事店経営に強い危機感をもっておられ、現状の下請け経営を打開し、息子に引き継ぎをしたいとの強い思いを伺いました。

最近、実にこんな相談依頼が増えてきているのです。

自分の後継者に、経営を託していく現社長や会長さんからの真剣なご相談です。

皆さん、口をそろえておっしゃることがあります。

それは、下請けではなく、元請で工事が直接受注出来たら・・・・

今までない新しい売上をつくり、息子に経営を渡したい・・・

その考え方は、当たりなのですが、実際、具体的に何をどうしたらよいかは分からない。

分からないまま、日々日常の下請け仕事に追われて、結局何も変わらず、何年も来てしまっている。

或いは、思い切って、大手経営コンサルに指導を依頼するも、理想論を教えられて具体的な効果がないまま終わってしまっている、そんな方もおみえでした。

息子の代に、出来るだけ安定した経営を引き渡したい。

そんな工事店の元社長からの問い合わせが、最近、本当に増えてきているのです。

あなたの会社はいかがでしょうか。

当コンサルタントの関連商品を販売しています。

我社のコンサル指導は、机上の空論はありません。

なぜなら、私自身、今日も、この方法を実務として実施し売上を上げているからです。

我社の上には、元請建築会社は1社もありません。

我社の売上は、そのすべて、自社で宣伝し、自社で受注し、元請として工事施工し、売上、即現金回収をするのが当たり前の仕組みで回っているからです。

今の下請け売上があるうちに、新しい売上確保の方法を実践してほしいと思います。

今すぐ100%元請化は、現状の付き合い、取引上、難しいかもしれません。

しかし、新たな直接受注の仕組みが出来たなら、必ず経営にはプラスになるはず。

我社と一緒になって、真剣に実務に取り組んだ工事店は、直接受注力と売上を得ているのです。

いくら良い取組みも知っても、実際やらなければ結果は出ません。

でも、真剣にやれば結果の出るやり方を村松は、あなたにお伝えすることは出来ます。

新しい売上の作り方を後継者の息子さんに今こそ残してください。

弊社は、専門工事会社の直販化100%を実現している現役経営者の村松の考え方、具体的な実務の直販経営ノウハウすべてを提供しています。

どうしても気になる、やってみたい!うちの会社でも実現可能なのかは、「思いたった今」こそです!村松まで今すぐお問合せください。

そのうち、ゆくゆくはでは一生変わりません。

今度は、あなたがアクションを起こす番です。

 

【工事業専門】直販工事受注への視点
村松利孝

下請工事業脱却コンサルタント

有限会社村松鈑金東京オフィス代表取締役

村松利孝

執筆者のWebサイトはこちら http://motoukeka.com/

当コンサルタントの関連商品を販売しています。
当社の関連商品を販売しています。
月刊誌(無料)登録フォーム

×