トップ > コラム > 部下から『好かれる上司』と『嫌われる上司』の違い

部下から『好かれる上司』と『嫌われる上司』の違い

  ホスピタリティビジネス 船坂光弘 SPECIAL
船坂光弘 SPECIAL

ホスピタリティビジネスコンサルタント

ザ・ホスピタリティチーム株式会社 代表取締役 船坂光弘

「お金になるホスピタリティビジネス」構築の専門コンサルタント。ホテルやウェディングビジネスのみならず、異業種のホスピタリティを軸とした新ビジネス立ち上げも指導。

当コンサルタント開催セミナーがあります。

時代と共にリーダーのマネジメントも変わる中で、上司としての日々の言動や立ち居振る舞いで、同じ言動をしても、Aさんには問題ないのに、Bさんには『セクハラ』や『パワハラ』だと言われてしまう時代です。

私の知っているリーダーも

『下手なことを言えない』

『飲みにも誘えない』

『できるだけ関わらないようにしている』

など部下を腫物のように扱い、思うようなマネジメントができていないリーダーも多く存在していることも確かです。

しかし、一方で部署の目標達成やミッションを成し遂げる為には、チーム一丸となって同じ方向を向いてひとつになる為に、リーダーと部下の親密なコミュニケーションを取る必要もあります。

このような環境の中で、リーダーはどのように立ち廻れば良いのでしょうか?

まず、大切なのは部下に対して遠慮なく上司として『言いたいことを言える』関係性を作ることであり、もっと分かり易く言えば、部下から好感の持てる、好かれる上司になるということです。

こんな事を言うと、

『何で上司である自分が部下のご機嫌を取らなければいけないんだ!』、

『そんな仲良し、馴れ合い集団では目標達成なんかできないじゃないか!』

『上司が嫌われ役になって、嫌なことを言う役割も組織には必要だ!』

と思われる方も居ると思います。

しかし、それが結果的に組織の人間関係や組織のムードを悪くして、上司も部下もギクシャクして、殺伐とした組織になっていたとしたら、それが部下のやる気やパフォーマンスを下げ、お互いが信頼できずに仕事をして良い結果が出るはずもなく、サービス業であれば、そのムードがお客様にも伝わりサービスの品質低下にも影響してしまいます。

当コンサルタントの関連商品を販売しています。

私はリーダーには大きくふたつの役割があると思います。

それは、

  1. 組織に求められた、ミッション、目標を達成する為にチームとメンバーを動かすこと
  2. メンバーの成長を促進して、自社に役立つ人財に育てること

です。

このふたつのリーダーの役割を考えても、決して前述の『上司の威厳を保つこと』も『嫌われ役を買う』ことも、リーダーの役割を果たす上での効果的な手段とは思えません。

むしろ、部下に好感を持たれて、しっかりとした信頼関係を構築し、部下が自分の考えや指示を受け入れる環境をリーダー自身で作ることのほうが、マネジメントにおいても効果的だと考えられます。

それでは、好かれる上司と嫌われる上司の違いとは何でしょうか?

ひと言でいえば、『部下の事を愛し、部下の成長やしあわせを考えた行動ができているかどうか』の違いです。

人を突き動かすものは、結局はテクニックやスキルではなく『心』です。

普段のリーダーの行動に『心』が伴わなければ、部下の気持ちを自分に寄せることはできません。

好かれる上司と嫌われる上司の具体的な行動の違いは、

『部下を信頼して任せられるか?』

『部下のミスは責めずに、自分の責任だと認識しているか?』

『お客様ではなく上を見て仕事をしていないか?』

『その日の気分や機嫌、不機嫌で部下に接していないか?』

『話す部下と話さない部下で偏りがないか、どの部下とも平等に接しているか?』

『部下の意見を吸い上げる意識があるか、その吸い上げたものを尊重して採用するか?』

『部下の提言を言わせる雰囲気を作っているか、それを受け入れる度量があるか?』

『職場内に会話や笑顔はあるか?』

などが挙げられます。

これらは、全てリーダーの普段の『思考』『言動』『態度』『心掛け』であり、この違いによって、部下のやる気や可能性にフタをしてしまうか、伸長させるかの違いを生み、それが結果的に組織の成果、成長に大きな影響を与えます。

しかもタチが悪いことに、これらの自覚症状が無い上司が多い為、『部下はリーダーの鏡と思え』という言葉があるように、職場の部下ひとりひとりを観て、自分は果たして『好感を持たれているか』深く内省することをお勧めします。

あなたは『好かれる上司ですか?』それとも『嫌われる上司』ですか?

 

当コンサルタント開催セミナーがあります。

【経営コラム】ホスピタリティで新ビジネスを生み出す視点
船坂光弘

ホスピタリティビジネスコンサルタント

ザ・ホスピタリティチーム株式会社代表取締役

船坂光弘

執筆者のWebサイトはこちら http://www.thehospitalityteam.jp/

当コンサルタントの関連商品を販売しています。
当社の関連商品を販売しています。
月刊誌(無料)登録フォーム

×