トップ > コラム > うちでも出来ますか?

うちでも出来ますか?

  下請工事業脱却 村松利孝 SPECIAL
村松利孝 SPECIAL

下請工事業脱却コンサルタント

有限会社村松鈑金東京オフィス 代表取締役 村松利孝

屋根の板金工事業で、完全自前受注体制を築き上げた異色の現役社長コンサルタント。稼業を継ぐも、下請けの理不尽さに憤慨。下請け脱却を目指して20年、工事業の直販体制づくりを実現。その貴重なノウハウを同業に惜しみなく公開指導する。

さて今回は、「うちでも出来ますか?」です。

先日、新しいクライアントさんのところに伺い、直接受注を増やすための話をしてきました。
このクライアントさんは、おひとりで現場施工、見積や請求業務をされていています。
ただ、請け負う仕事は下請け中心、手間請けもあるそうで、忙しいが、自分の思い描く専門工事店経営ではないそうです。

今現在の年商や粗利、営業利益も現状では多いとは言えず、社長さん自体も満足いく内容ではありませんでした。

工事会社経営をお手伝いしてくれる方はほかにいますか?

そうお尋ねすると、奥様が経理を、お父様が工事を手伝ってくれるようでした。
村松式の専門工事を中心にした直販元請け化は、最低社長以外1名必要なのです。

その理由は、今回のように現場で実施工を毎日されている方だけだと、なかなか直接受注のやり方が進まないからです。
なので、現場社長をサポートしてくれる誰か最低1名が必要です。

当コンサルタントの関連商品を販売しています。

うちも25年前、元請を目指した時も私と妻の2名でした。

比較的、経営規模が小さいところでは、実は、取り組みとやり方さえ間違わなければ、比較的早く直接受注化は実現可能です。
普段の仕事量が、そのまま直接受注の仕事に置き換わるからです。

もちろん、普段の仕事以外のやることが一気に増えますから、スタート時は大変な日々が待ってはいますが。

うちでも出来ますか?

私のお伝えしたことは、いきなり大きなことはできないが、営業範囲を大きく絞って取り組めば、実現は十分可能とお伝えしました。

いきなり100%の逆転劇はできませんが、直接受注に挑戦すると決めて、実行動に取り組めば、必ずやった分だけ直接受注は実現します。

現在の経営規模が1億以上の大きなところは、直販元請け化は、新部門での取り組みに、経営規模が2千万以下で小さいのなら、間違いの少ない方法を一歩ずつ取り組めば、必ず直接受注の工事売上は増えていきます。

うちでも出来ますか?

そう思ったら、まずは村松までお尋ねください。

実際、会って話してみないと現状や将来の希望が、わからないからです。

もしあなたが来年、何としても工事店経営を改善したいとあなたが強く思っているのなら、今年のうちに、ご相談ください。
何事もそうですが、物事を始め、進めるためには準備する時間が必要だからです。

来春に向けて今から計画と準備始めませんか?

残り少ない令和元年を、あなたの専門工事逆転経営元年にしてみませんか!

どうしても気になる、やってみたい!うちの会社でも実現可能なのかは、「思いたった今」こそです!村松まで今すぐお問合せください。
そのうち、ゆくゆくでは一生変わりません
今度は、あなたがアクションを起こす番です。

 

【工事業専門】直販工事受注への視点
村松利孝

下請工事業脱却コンサルタント

有限会社村松鈑金東京オフィス代表取締役

村松利孝

執筆者のWebサイトはこちら http://motoukeka.com/

当コンサルタントの関連商品を販売しています。
当社の関連商品を販売しています。
月刊誌(無料)登録フォーム

×