本物のコンサルティングをより身近に。

「売上至上主義」卒業がもたらす会社の成長

SPECIAL

ダイヤモンド財務コンサルタント

ユメリアコンサルティング株式会社

代表取締役 

次世代経営者専門の財務コンサルティング機関。同族会社のオーナー社長・二代目社長に対して、経営基盤を頑強なものにする、「ダイヤモンド財務」の築き方を指導。

当社には、会社経営にまつわるお金の相談ごとが、あらゆる角度から寄せられます金融機関対応に始まり、財務強化のための打ち手や決算対策、相続対策に事業承継など、個々の会社の置かれている状況に応じて、毎日、知恵を絞ってます 

多くの社長は、「売上を増やせば、潰れない会社になる」と考えます。社長が売上規模拡大だけを考えている会社は、役員や社員も、当然のごとく「売上至上主義」の考え方になっていきます。 

自分の会社の「利益」が減少し、「お金」が減ったとしたとしても、その本当の原因を探らず「売上」だけをひたすら追い求めていきます。 

「売上」は、いわばお客様の支持率のようなもので、増えると嬉しいものです。社長にとって、「売上」は精神安定剤のようなものです。 

努力家で、苦労人の社長ほど、「頑張りが足りない!」と考え、とにかく攻めて、気合と根性・努力で乗り越えようとします。経営に前向きな社長なほど、自社の経営課題を「売上」を増やすことだけで解決しようとします。 

そのため、多くの社長は、「売上が増えれば、全てが解決する」とカンチガイしてしまうのです。多くの社長が売上至上主義となり、すべての局面で経営の意思決定をしてしまうのです。 

しかし、「事業永続」という着眼点で考えればむしろ逆効果ですいわば「自分で自分のクビを絞める状態に陥っていってしまうのです。 

「売上」が増えても、根本的に「利益」や「お金」が増えなければ、経営は苦しくなっていきます。銀行への借金を返済するの精一杯、貧乏暇なしの状態からますます抜け出せなくなっていくのです。 

経営難となる会社の社長には、共通点があります、「お金の増やし方・残し方を知らない」「正しい資金管理の方法を知らない」です。その思考の根底には、『間違った売上至上主義』があります。 

一方で、しっかりとお金を残し、強く永く成長し続けていく会社の社長は、『財務至上主義』で考えます。 

全ての情報を数字に落とし込み、確実にお金を残すことから逆算して、あらゆる経営判断に落とし込みます。 

お金を増やしながら利益を確実に残し、その結果、会社も成長を遂げる。成長の結果、「売上」があらわれます。そのため、経営判断を下す時間軸は、1年スパンの単年度もあれば、2年~5年の中長期にわたるものもあります。 

大切なことは、社長自らの思考のクセを正しておくことです。強く永く続く会社づくりをするために、社長は、「売上至上主義から財務至上主義進化していかなければならないのです。 

社長自らが将来に向かって「攻める経営」・「守る経営」・「捨てる経営」を継続的に実践していくことなのです。どんなに立派な経営管理資料を取り揃えても、社長が「売上至上主義」から卒業できなければ、単なる数字のお遊びです。いつまでも本当の意味での成長は訪れません 

社長の仕事は、強く永く続く会社づくりをすることです。もっといえば、会社の未来を創ることです。 

あなたは、社長としてどんな未来をつくりたいですか 

ダイヤモンド財務®コンサルタント
 舘野 愛

コラムの更新をお知らせします!

コラムはいかがでしたか? 下記よりメールアドレスをご登録いただくと、更新時にご案内をお届けします(解除は随時可能です)。ぜひ、ご登録ください。