トップ > コラム > 技術を収益につなげるためのシンプルな問いかけ

技術を収益につなげるためのシンプルな問いかけ

  商品開発 四谷剛毅 SPECIAL
四谷剛毅 SPECIAL

商品開発コンサルタント

株式会社シンプルテックプラン 代表取締役 四谷剛毅

商品開発コンサルタント。特に開発部門を持たずに売れる商品開発を実現する、独自の「デベロップレス」体制づくりに定評。いま全国の中小メーカー企業の業績躍進の新手法として、多くの企業から指導依頼が集まる注目のコンサルタント。

当コンサルタント開催セミナーがあります。

「商売の基本を忘れていませんか?」
しばらく前に、ある社長に問いかけた言葉です。

社内で検討している技術開発案件があるので相談にのってほしいとの依頼を受け、まず、取り組もうとしている開発内容を詳しくお聞きしたときのことです。

この方の企業は加工メーカーで、新しく事業の柱にしたいと望んでいる、ある加工技術の開発を考えていました。具体的には書けませんが、ある設備メーカーが開発した画期的な加工設備を導入し、その設備を使って従来に無い精度の高い加工を実現しようというものでした。しかも、加工費は、これまでよりも安くするということで、単に設備を入れたらできるというものではなく、導入後に様々な技術開発が必要な案件で、できるかどうかわからない非常に意欲的な目標でした。

読者の皆さんの中には、「できるかどうかも分からないのに、そんな無茶な」と思った方もいるかもしれませんが、ここでは、できるかどうかを問題にしたいのではありません。たとえ、できるかどうかは分からなくても、できる可能性がありリスクを取っても取り組む価値があるのであれば、挑戦するのも一つだからです。

しかし、この開発には、それ以前に、問い直さなければならないことがありました。

当コンサルタントの関連商品を販売しています。

まず、なぜ、高額な新しい設備を導入してまで加工精度を上げたいのかを聞きました。すると、「ライバルの加工メーカーより加工精度を上げ差別化したい。」とのことでした。

次に、なぜ、折角、加工精度が良くなるのに、価格を下げるのかを聞きました。すると、「顧客からのコストダウン要求に応えるためです。値段を上げては使ってもらえません。」とのことでした。

ここまでで、読者の方はどう思われたでしょうか?

ライバル企業との差別化のために・・・顧客の要望だから・・・と、これまでより優れた加工精度を、これまでよりも安く提供して、「果たしてそれで儲かるのか?」と疑問を持たれた方もいらっしゃるでしょう。

あるいは、「それでも儲かるように、低コストでかつ優れた加工技術を開発するのが、加工メーカーの役目だ」とおっしゃられる方もいると思います。

どちらも考えるべき大切な視点です。ただ、それ以前に忘れないで欲しいことがあります。それが冒頭でご質問した「商売の基本」です。

ここで言う商売の基本とは何か?
それは、「安く仕入れて高く売る」ということです。

技術開発においても基本は同じです。技術開発でも「安く仕入れて高くして売る」のが基本です。

今時、技術を全く仕入れず、ゼロからすべてを自社のみで開発することはマレです。技術が高度化し細分化しているためです。冒頭の企業のように、加工設備など何らかの技術を仕入れることになります。

したがって、これからの開発では、この技術の仕入れが極めて重要になります。

多くの企業が、流行りの技術や話題の新技術を高値でつかんで安値で売ることをしてしまっています。話題の技術を高く仕入れ、莫大な労力をかけて開発競争を繰り広げた後、開発したものをライバルより安く提供するようなことをしているのです。

何事も最初が肝心です。商売の基本を忘れ、高値でつかんで安値で売るようなことは、最初から避けなければなりません。

御社は、技術を安く仕入れて、素早く開発し、それを高く売っていますか?
技術は、注目される前と、ブームが去った後が、買い時です。

 

当コンサルタント開催セミナーがあります。

売れる商品開発を実現する社長の視点
四谷剛毅

商品開発コンサルタント

株式会社シンプルテックプラン代表取締役

四谷剛毅

執筆者のWebサイトはこちら http://stecplan.com/

当コンサルタントの関連商品を販売しています。
当社の関連商品を販売しています。
月刊誌(無料)登録フォーム

×