トップ > コラム > 他社との差別化よりも大切なこと

他社との差別化よりも大切なこと

  ミッションマーケティング 佐治邦彦 SPECIAL
佐治邦彦 SPECIAL

ミッションマーケティングコンサルタント

株式会社サンアスト 代表取締役 佐治邦彦

これまで500社以上の支援から編み出した、顧客満足と収益の最大化を、同時に実現していく独自の手法「ミッションマーケティング」の創始者。飲食店、ホテル、住宅関連、サービス業、学習教育企業…など、お客様思考がなかなか利益につながらずに悩む経営者に、収益をもたらし大きな成長を実現させるコンサルタントとして評価が高い。

コチラより動画をご覧いただけます。

他社との差別化よりも大切なこと今日はこのテーマで話ししていきます。
どの市場も成熟が進み価格競争に巻き込まれている企業が多いのではないかと思います。
そこで差別化戦略を一生懸命取り組んでいる会社は多いのですが、9割の企業はうまくいっていないのが現実ではないでしょうか。
そこで差別化よりも大切なことは何かということについてお話をしたいと思います。

9割の企業が失敗する差別化戦略とは?

そもそもお客様は企業の差別化に関心があるわけではないのです。
差別化ばかりに意識を持っていくとですね、競合と自社が何が違うのか、競合がやっていないことは何なのかというところに意識が傾いてしまいます。
そこで他社にない商品であったりとか、今まで見たことのない商品の開発を一生懸命考えてビジネスを改善している会社は多くあります。
しかし大切なことは、「自社はお客様にとってどういう存在であるか」ということが大事なのです。

これからは差別化よりも独自性の時代!

お客様が関心があるのは他社との差別化ではなくて、自分にとってどれだけの価値があるのかということしか関心はないのです。
ですから大切なことは差別化ではなく独自性なのです。
「自分にとってここまでやってくれる会社はない」
「自分が本当に欲しかったことはこれだったんだ」そこに気付かせてくれた、
このようにお客様にとって唯一無二の存在になっていくということが最も重要です。
そういった意味でこれからの時代は独自性を追求する、そしてお客様にとってなくてはならない会社になる、そこが重要なポイントになるのです。

 

お客様思考と収益力を高める経営視点
佐治邦彦

ミッションマーケティングコンサルタント

株式会社サンアスト代表取締役

佐治邦彦

執筆者のWebサイトはこちら https://www.sunast.co.jp/

当社の関連商品を販売しています。
月刊誌(無料)登録フォーム

×