トップ > コラム > 人が育つ3つの仕組み

人が育つ3つの仕組み

  ミッションマーケティング 佐治邦彦 SPECIAL
佐治邦彦 SPECIAL

ミッションマーケティングコンサルタント

株式会社サンアスト 代表取締役 佐治邦彦

これまで500社以上の支援から編み出した、顧客満足と収益の最大化を、同時に実現していく独自の手法「ミッションマーケティング」の創始者。飲食店、ホテル、住宅関連、サービス業、学習教育企業…など、お客様思考がなかなか利益につながらずに悩む経営者に、収益をもたらし大きな成長を実現させるコンサルタントとして評価が高い。

コチラより動画をご覧いただけます。

人が育つためには事前に仕組みを作っておくことが重要です。
この三つの仕組みを作っていないのに、ただ単に人材育成を行ってもなかなか人が育たないのが現状です。

人が育つ仕組み①~評価制度~

そのうちの一つ目は評価制度です。
まずは社員さんのどこを評価しているのか、何が評価に値するのかということがきちんと明文化されていないと、その人その人、その時、その時で、評価をしてしまうことになってしまいます。ですからまずは会社として何を評価しているのか、正しく評価できる制度をきちんと作っておくことが重要です。

人が育つ仕組み②~教育制度~

次に2番目は教育制度です。
これもこの評価基準に伴いながら、評価制度と連動して教育制度が作られてなければなりません。評価制度と教育制度が連動することによって社員の評価が上がって成長に向かっていくのです。

人が育つ仕組み③~採用基準~

そして三番目が採用基準です。
人材育成をする場合、非常に難しいことと、そうでないことがあるのです。何が難しいかって言うと価値観教育が最も難しいのです。意外とスキル教育に関しては長く居てくれればそれほど難しいものではないのです。しかし多くの企業ではスキル経験のある人を重視して価値観の違うということを気づかずに採用してしまうケースが多いのです。ですからどんな価値観の人を採用するのか、この採用基準を明確にしていくことで安定して社員が成長するようになっていくのです。

以上この三つ、まずは評価制度そして教育制度、採用基準、この三つの仕組みを整えてから採用活動を行っていくことで社員がどんどん育っていくようになります。逆にこの仕組みもないのに「良い人材を採用しよう!」と教育に力入れたとしてもいつまでたっても場当たり的になってしまいます。まずはこの三つの仕組みを作ることから始めていきましょう 。

 

お客様思考と収益力を高める経営視点
佐治邦彦

ミッションマーケティングコンサルタント

株式会社サンアスト代表取締役

佐治邦彦

執筆者のWebサイトはこちら https://www.sunast.co.jp/

当社の関連商品を販売しています。
月刊誌(無料)登録フォーム

×