トップ > コラム > コロナウイルスに負けない、ための“お金“

コロナウイルスに負けない、ための“お金“

2020年3月27日 10億ビジネスの経営数値成長戦略 野口 タカ子 SPECIAL
SPECIAL

10億ビジネスの経営数値成長戦略コンサルタント

株式会社ノグチ経理相談室 代表取締役 野口 タカ子

同族会社の業績を、10億20億事業に成長させる「経営数値」コンサルタント。客数や客単価・生産性などの業績を現す数値と、財務諸表の数値とを統合させることこそ、同族企業の成長の根源であると、「儲かる社長が押さえるべき商売7つの数値の法則」として体系化。頼りになる指導と、評価が高い。

Fromノグチ 

我が家は、花見の名所の商店街近く。

昨年は花見客でにぎわっていた魚屋の奥さんとの 昨日の会話です。 

(昨日の売上、いくらだった?) 

「聞かないでよ、悪いに決まっているでしょう。」 

(ごめんね(笑)コロナのせいだから、あなたを責めているんじゃないの。

コロナに対抗しなきゃいけないのよ。負けてられないの。だから売上を聞いたのよ。) 

東京の朝夕の風物詩満員電車は、3月はありません。

通学の子供たちがいない。それだけで電車はすきます。

加えてテレワークが実施され、通勤の人も減っています。 

イベントは中止。

街に人がいない。

だから、物が売れない、お金が動かない。 

お金がないから売上を上げなきゃだけど、無理だな~

パートさんにも、やめてもらわなきゃダメかも、、、

社長さん、そう考えてはいませんか?

当コンサルタントの関連商品を販売しています。

生き残り、次の一手 

売上がなくても、お金があれば、会社は生き延びます。

今大事なのは、外からのお金を手に入れる方法です。

補助金、不動産の売却・リースにする・借りる・チャンネル変更、、、 

いつもは、借金するな!と叫ぶノグチですが、ここは違います。

会社が生きのこることが、何より大切。

従業員を確保し生かすことが、何よりもの先行投資なのです。 

手っ取り早くは、「借入」

中小企業の皆さんが良く使っている日本政策金融公庫では、新型コロナウイルス感染症特別貸付枠があります。 

貸付条件は、新型コロナウイルス感染症の影響を受け、一時的な業績悪化がある事業です。

具体的には、最近1か月の売上が、前年、全前年同期と比較して5%以上減少している会社・事業所です。 

無担保で、貸してくれます。

枠は6000万円(今まで借入とは別枠) 

返済期間は、

設備投資は20

運転資金は15 

金利は、3年間無利子。

4年目以降、基準金利マイナス0.9

限りなく0に近い金利です。

 

経営とは、前の日よりお金を増やすこと

だから、おか~さん、あなたに聞いたの

(昨日の売上、いくらでした?) 

「え~、そうなの5%?うちなんて5%どころじゃないわ!」

(ちゃんと資料出せないとだめよ)

「へっへっへ、数字だね。ちゃんと数字を見なきゃね。」 

経営とは、毎日 前の日よりお金を増やすことです。

♪増えたかどしたか見てみよう。♪

単純ですね。「今日の残高」マイナス 「昨日の残高」=「増えた金額」 

ですので、経営者には毎日のお金の在り高が、どうしても必要な情報です。

預金通帳が、「経営者あなたの教科書」と言われる理由です。 

売上でお金を増やすのが難しいなら、、、

知恵を絞りましょう。

外からお金を入れる方法。 

補助金、不動産の売却・リースにする・借りる・チャンネル変更、、、

大事なことなので、何度も言います。 

会社が生きのこることが、何より大切、それには資金=お金です。

売上アップに必要なのは人、お金を人に投資できます。

従業員を確保し生かすことが、何よりもの先行投資なのです。 

―ノグチ 

P.S.

グローバルに人が動くと、ウイルスも拡散する。今回の新型コロナウイルス感染症は、本当に大きな災害となっています。これからもこういう災害は起こりうる、そう考えて強かに活動していくことが経営者に求められているのですね。フレ~、フレ~社長さ~ン!!

10億ビジネスの経営数値

10億ビジネスの経営数値成長戦略コンサルタント

株式会社ノグチ経理相談室 代表取締役

野口 タカ子

執筆者のWebサイトはこちら  http://www.n-keiei.co.jp/

当コンサルタントの関連商品を販売しています。
当社の関連商品を販売しています。