人が一気に成長のためには○○が欠かせない | 日本コンサルティング推進機構

本物のコンサルティングをより身近に。

人が一気に成長のためには○○が欠かせない

SPECIAL

開業カウンセラーコンサルタント

有限会社ライフビジョン

代表 

開業カウンセラーに特化して指導する、専門コンサルタント。自らカウンセラービジネスを立ち上げ、軌道に乗せた経緯から、カウンセラーとして独立、活躍していくために最も重要なビジネス的視点と実務アドバイスを惜しみなく提供。稼げないカウンセラーが多い中、救世主的存在。

ゆるやかな成長、

素早く一気に成長、

あなたはどっちタイプですか?

私は、基本コツコツ型なので、ゆるやかに成長するタイプです。

最近は、「人生って本当にあっという間に過ぎ去っていくな~」って少々の恐れと共に感じているので、一気に成長することも大切だと思うようになってきました。

でも、「一気に成長したいんだ!」とただ単に願うだけでは、何も変化が起こりません。

そこで今回は、ワープするかのごとく、短期間で一気に成長する方法をお伝えします。

それは・・・

ーーーーーーーーーーーーーーーー

相手からのネガティブ発言を活用すること

ーーーーーーーーーーーーーーーー

です。

単純に言うと、相手から

「そそっかしいね」

「ここは直した方がいいんじゃないの?」

指摘されたら、それをしっかり受け止めるということ。

相手からのネガティブ発言を活用すること、と言いましたがそれには2種類あります。

1つは、普通に会話していて、相手が特に意識していないけど、自分にとってはそれがネガティブな発言であるケース。

もう1つは、あえて、相手からネガティブ発言をしてもらうケース。

では、1つ目のケースから。

相手と普通におしゃべりをしていて、相手の言葉を受けて、ムッとしたり、落ち込んだりしたときが成長のチャンスです。

「あ、人からは自分はこう見られていたんだ」

と、客観的な視点を持つことが大事です。

ショックがありながらも相手が言ってくれたことをしっかり受け止めて、分析してみる。

そうすると、飛躍のヒントがいっぱいつまっていることに気づけます。

自分のことは10%くらいしかわかっていないという実験結果があります。

相手の方があなたのことを把握しているということはよくあります。

例えば、録音した自分の声を聞いたとき、ものすごい違和感がありますよね。

「私ってこんな声してるの?」と、他者に聞くと、いつもの自分の声だという。

それと同じです。

自分のことは自分が一番わかっているという思い込みがある人は、成長はありません。

相手から注意されてもムッとするだけで人の意見を受け付けないですからね。

次に2つ目のケース。

今、一般には公開していない20名ほどが参加している秘密の講座を開催しているのですが、先日、相手の欠点や相手が信じて疑っていないことを指摘し合う。

意図的に、愛あるツッコミを入れ合う、ということをやってみました。

面と向かって相手にネガティブ発言をするのですが、指摘する側が結構苦戦します。

相手がいないところで陰口を言うことはやっていても、直接相手に言うというのは、あまり経験がないものです。

なので、最初はとてもぎこちないものでした。

終わった後は、グッタリ疲れた方もおられました。

指摘する側が遠慮してしまって上手く相手に衝撃を与えられないかと主催者としては心配していたのですが、4グループ中3グループはちゃんと相手をムッとさせて衝撃を与えることに成功していました。

その後、1週間くらいショックが消えなかった人もいました。

ショックがなければ成長はないので、これがいいんです。

大人になったら、他人から欠点や弱点をズバッとストレートに指摘されることなんてないですからね。

友人同士でももめるのがイヤなので、ついつい適当に褒め言葉を言ってしまって当たり障りのない会話で終わってしまいます。

実際やってみて、本当にこれは重要なことだと強く思いました。

それに、率直に言い合える仲というのは素晴らしいと思いました。

YESマンばかり、周りにいたらダメですからね。

カウンセリングでも同じです。

喜びの声をもらうと、もちろんうれしいです。

それは全然いいのですが苦情もしっかり受け止め、分析することで一気に成長につながります。

苦情を受け取ると、ショックはあります。

今までの価値観が根底からグラつくので当然です。

でも、そのショックをすぐに忘れようとするのはもったいない。

ショックをすべて発散してしまうと、成長はありません。

せっかく価値観がグラついているのですから、そのときは、土台を再構築する大チャンスです。

私は、苦情という衝撃を受けた場合、まずはある程度のストレスはとるようにしています。

でも、少し落ち着いたら、苦情の内容をいろいろな角度から分析して、改善案を出します。

それを実行することで一気に成長するのです

ぜひ、衝撃を飛躍的な成長につなげるようにしてみてくださいね。

 

____________________________________

やばtube(動画チャンネル)登録お願いします ⇒https://www.youtube.com/channel/UCuhEPMb08vPUbPxpxDY-ICg?view_as=subscriber

 

コラムの更新をお知らせします!

コラムはいかがでしたか? 下記よりメールアドレスをご登録いただくと、更新時にご案内をお届けします(解除は随時可能です)。ぜひ、ご登録ください。