本物のコンサルティングをより身近に。

DXとD2Cの関係って…〇〇〇

SPECIAL

DX事業立ち上げコンサルタント

有限会社 アクトコンサルタント

代表取締役 

顧客とDX事業を一緒に構築するコンサルティング営業をめざす営業部の構築を支援します。

SI業界で伸長著しい営業マンと雑談のヒトコマ

「大森さん、最近D2Cって言葉を耳にします。これって、我々にとってどういう意味があるのですか?理解しておく必要があるのでしょうか?」

「直接関係はないかもしれません。でも、顧客と一緒に事業を構築する意識なら大切です」

「私は、どんな勉強をすればいいのですか?」

約10年前、米国から日本に上陸したD2C

日本でも実績も生まれ経営者の間では共通用語になってきました。

米国ではマットレスのキャスパー、日本ではFABRIC TOKYO 等々

キーワードは、

商品ではなくライフスタイルを売る
ミレニアムZに感動を
「メーカー」のようで、実は「テック企業」 等

Amazonや楽天などに依存せず、OMOとも一線を引きながら、顧客視点のデジタライゼーションとして広義のDXにあたると考えます。

詳細はネット等で勉強していただくとして、ここでは、法人営業マンの立場から助言します。

「リアル」「ネット」は横において、D2Cに興味をもつ経営者が「もの」と「こと」この2つの事象を、どんなバランス感覚で事業の舵取りしようとしているか、貴方は、しっかりと把握する事が重要です。

もの…商品、メーカー、Z世代が成長する中で見たものこと…ライフスタイル、データ分析が中心、感動

コンサルティングのデザイン力とヒアリング力が試されます。

筆者が本年度、大学での対面授業で感じた事、Z世代は、「もの」を通して「ことの楽しみ」に感動していました。

iPhoneとMacbook Airをもって、学内のスタバで学修するかっこよさを楽しむ。

後輩に向け不要になった教科書をメルカリで販売し、Reuse・Rebornが生まれ、結果SDGsに貢献する。

D2Cのビジネスモデルを考えるヒントがここにあると感じた瞬間です。

貴方は、顧客のD2C支援に向けどんな勉強をしていますか?

 

コラムの更新をお知らせします!

コラムはいかがでしたか? 下記よりメールアドレスをご登録いただくと、更新時にご案内をお届けします(解除は随時可能です)。ぜひ、ご登録ください。