本物のコンサルティングをより身近に。

決断できない社長、決断できる社長

SPECIAL

ダイヤモンド財務コンサルタント

ユメリアコンサルティング株式会社

代表取締役 

次世代経営者専門の財務コンサルティング機関。同族会社のオーナー社長・二代目社長に対して、経営基盤を頑強なものにする、「ダイヤモンド財務」の築き方を指導。

「自分は財務が苦手…」と思い込んでいる同族社長の多くは、共通してある悩みを抱えていたりするものです。それは、具体的にどのような悩みかというと、「なかなか決められない…」「大事な局面で決断できない…」というお悩みです。

もしかしたら、性格的に優柔不断…という要因もあるかもしれません。しかし、多くの場合は、それ以外の部分に問題が潜んでいます。

具体的には、「決められない」悩みを抱えている社長の話を伺うと、そもそもの大前提として、決断できる状況になかったりするのです。

具体的には、そもそも判断するにあたっての情報が不足していたり、判断するにあたって参考となる情報が間違っていたり、情報を集め信ぴょう性を確認する相談相手がいなかったりするのです。

逆を返せば、決断するにあたっての情報が十分にあって、その情報が正しく、社長が経営判断を下すのに十分なものであれば、「わからないから、決断できない」という何とも悩ましい状況を脱することができます。

一方で、大事な局面でしっかりと決断できる社長は、特に「未来から逆算して、今なすべきことを決める」という逆算思考が身についています。

自社の未来を数字で財務の視点から描き、そこから逆算して「今自分がすべきことは何か?」「このタイミングでどのような決断が必要なのか?」を常に考えます。

目標設定もしかり、万が一の時の撤退ラインもしかり、すべて逆算で考える財務思考が定着しているので、迷いがありません。常に、思考の出発点が未来からなので、決断にブレがありません。

仮に、多少の軌道修正があったとしても、それは、経営環境などの「前提条件」が変わっただけの話ですから、行き当たりばったり…とは次元の違う話になります。

もし、あなたが「なかなか思うように決断できない…」「大事な局面で決められない…」ということがあれば、それは、そもそもの大前提として、「財務思考」ができていないか、定着していない可能性が高いのです。

今は、日々刻々と経営環境が変化していっています。のんびり悠長に構えていては、時代の大きなうねりの渦に呑み込まれます。そうならないよう社長は、自らのアタマで考え、正しく決断できる体制を整えておくべきなのです。

あなたは、社長として、会社の未来をつくれていますか?

ダイヤモンド財務®コンサルタント 舘野 愛

コラムの更新をお知らせします!

コラムはいかがでしたか? 下記よりメールアドレスをご登録いただくと、更新時にご案内をお届けします(解除は随時可能です)。ぜひ、ご登録ください。