本物のコンサルティングをより身近に。

後継経営者ほど『非連続な未来を創る』べき理由とは?

SPECIAL

バトン承継コンサルタント

承継イノベーション研究所(株式会社think shift)

代表取締役社長 

これまで後継経営者を100名以上支援・指導し、自身も後継経営者として実績を出してきた、後継者支援の実績と後継経営者としての経営実務の実績とをあわせ持つ、バトン承継コンサルタント。
後継経営者が「ただ」事業を引き継ぐだけではなく、「自分らしい」経営を行うことで経営の革新を引き起こす、「承継イノベーション」を提唱している。

目標だけでなく戦略も描く

『後継経営者ならではの目標設定』について、以前のブログでお伝えいたしましたが、目標は過去の延長ではなく、「会社のありたい姿」を思い描くことが重要であるとお話しいたしました。

しかし、目標(何をするのか)を設定しても、その目標をどのように達成していくのか具体的な戦略(どう達成するのか)がなければ、社員は目標への道筋がイメージできず、どのように動けばいいのかわかりません。
そして、どんなに社員が意欲的でも、戦略が明確ではなく、なかなか目標にたどり着けない状況が続くと閉塞感を抱き、疲弊してしまいます。

さらに、社長のやりたいことが伝わらず、社員からは「会社がどこに向かっているのかわからない」と言われかねません。

後継経営者は、果たしてどのような戦略を描けば良いのでしょうか。

今回は、後継経営者だからこそ求められる戦略の描き方を、創業者との経営スタイルとの違い、時代背景の違いから考察します。

後継経営者は駅伝ランナーとしての戦略を求められる

例えるならば、後継経営者は駅伝ランナーです。

創業者は、会社を起業し、成長させます。
とにかく前だけを見てペースも考えず全速力で突っ走ります。

後継経営者はタスキをもらったらそうはいきません。

タスキを受け取ったその瞬間から後ろのランナーに抜かれないことを意識しなければいけません。

同時に、前方にいる走者を追い抜き、あわよくばより良いポジションで次のランナーにタスキを渡す努力をする必要があります。

当然、ランナーのリタイアは倒産を意味します。経営者は代々会社を引き継ぎ、成長・発展させようとしますので、そのタスキは年々重く大きくなっていきます。

後継経営者が受け取るタスキには、様々なものが込められています。創業者の想い(=理念)、社員、事業(商品・サービス)、業績、お客さまとの関係性などが「タスキ」に込められているのです。

後継経営者はこのようなタスキに込められた想い、先代から継承された資産(ヒト・モノ・カネ)を活かしながら、過去からの延長線ではない未来を実現しなければいけません。
自らのありたい姿をカタチにし、お客さまも社員も幸せを感じられる企業として成長を遂げる責任があるのです。

非連続な成長戦略とは?

加えて、以前も述べましたが、環境は絶えず変化し、今は予測の困難なVUCA(ブーカ)な経営環境です。

あらゆる市場で既存ビジネスモデルの崩壊・再構築が始まり、商品・サービスの新陳代謝はどんどん激しくなる現代において、後継経営者のこれからの経営スタイルとして必要なのは、与えられた市場のパイを奪い合うものではなく、市場そのものを創出・拡張することです。

このような環境だからこそ、前提条件のない自由な発想から生まれる戦略が必要です。
今までの連続ではない、いわば常に新しい発想・方向性の提示が求められている。
そのような戦略のことを、私たちは非連続な成長戦略と呼んでいます。

胸を張ってタスキを渡せる経営者を目指す

私が後継経営者だった時代、非連続な成長戦略を描き、次代の後継者に胸を張ってタスキを渡せる経営者を目指していました。

そのためには、先代からの想い(=理念)を承継するだけでは足りません。既存事業のポテンシャルを最大化し、新規事業の種まきを進め、自分らしい成長戦略を描くことが必要になります。

今までの想いを受け継ぎながら、今までとは違った発想で非連続な、そして自分の想いを込めた成長戦略を描く。
それが後継経営者に求められています。

 

コラムの更新をお知らせします!

コラムはいかがでしたか? 下記よりメールアドレスをご登録いただくと、更新時にご案内をお届けします(解除は随時可能です)。ぜひ、ご登録ください。