本物のコンサルティングをより身近に。

マユ毛が9割

SPECIAL

開業カウンセラーコンサルタント

有限会社ライフビジョン

代表 

開業カウンセラーに特化して指導する、専門コンサルタント。自らカウンセラービジネスを立ち上げ、軌道に乗せた経緯から、カウンセラーとして独立、活躍していくために最も重要なビジネス的視点と実務アドバイスを惜しみなく提供。稼げないカウンセラーが多い中、救世主的存在。

こんにちは、矢場田です。

1ヶ月ほど前、インナーフォースという矢場田が主催する講座についてスタッフと打ち合わせしていました。

インナーフォースは、内向型の人が心地よく過ごせるホームポジションを確立させて、本来持っている能力を最大限に発揮していけるようになる講座です。

その講座の中で、自分の新しい生き方を称してネーミング(タイトル)をつけるという回があります。

「ネーミングって”意外”と重要なんですね~」

打ち合わせ中にスタッフがぽつりと一言。

「意外じゃねぇ」

「めちゃくちゃ重要や!」

と、つい私の語気が荒くなってしまいました。

それでもキョトンとした表情のスタッフ。

詳しく説明しないといけないと強く感じた一幕でした。

私としたらネーミングが重要なことなんて当たり前すぎて説明するまでもないと思い込んでいたのです。

この温度差にガクゼンとしました。

それと同時に、この温度差は別の側面から見るとビジネスチャンスと捉えることができます。 

ある人にとっては重要だということが無意識レベルですり込まれていて、もはや当たり前の存在になっている。

でも、ある人は重要性に全く気づいていないので、意識することがない。

どっちも無意識レベルなんですよね。

これって重要だと身にしみている人たちだけで話し合っていたら、ビジネスチャンスに絶対気づかないわけです。

「なんでこの重要性がわからないんだろう」ということを見つけたら、間違いなくそこにはビジネスチャンスがあるということ。

素通りしてしまうのは、もったいない。

なにがピンとこないのか?

もしネーミングがない世界だったらどうなるか?

どういう順番で伝えたら、重要性に気づいてもらえるか?

スタッフとネーミングについて密に話しこみました。

そしてインナーフォース当日、受講生にネーミングの重要性がちゃんと伝わったようでほっとしました。

ところで、こういった講座のときだけ、ネーミングを考えてもなかなかレベルアップしません。

日常的に考えるクセ付けはしたいものです。

例えば、コンビニで商品を手に取ったときに、「新しいネーミングをつけるとしたら?」と問いかけて案を出してみるのもいいでしょう。

これを書いていて思い出しました。

先日、私がコンビニに行こうと思ったとき、妻が「私も行く」「でも化粧してないねん」

そして、「マユ毛だけ書いたらなんとかなるから、ちょっと待って」と妻。

すかさず私が「マユ毛が9割、やな」と言いました。

「伝え方が9割」という本がありますがそこからもらいました。

いきなりスゴイネーミングがでなくても大丈夫です。

日頃から何かにつけてネーミングをつけるクセをつけておくだけで、新しい自分を発見できたりマーケティングセンスを磨くことは可能です。

ぜひ参考にしてみてくださいね。

 

コラムの更新をお知らせします!

コラムはいかがでしたか? 下記よりメールアドレスをご登録いただくと、更新時にご案内をお届けします(解除は随時可能です)。ぜひ、ご登録ください。