本物のコンサルティングをより身近に。

DX参謀として大切にすべき経営者の〇〇〇

SPECIAL

DX事業立ち上げコンサルタント

有限会社 アクトコンサルタント

代表取締役 

顧客とDX事業を一緒に構築するコンサルティング営業をめざす営業部の構築を支援します。

緊急事態宣言が解除、新政権が発足した日

東京在住税理士の先生と2人、Zoomのヒトコマです。

「解除されてもあまり変わりませんね。もっとも、夜は賑やかになったと思いますが…

某社に財務・税務面からご支援されてい先生

DX(組織・システム面)の面から、私が加わる事になりました。

大森は某社社長と先生の間で何をご支援すべきか?

組織全体を把握しながら、洞察していました。

Zoom会議の際に常に意識していた事は、社長の先回りです。

経営者が、我々参謀に期待する大きく2つに分けられます。

補助金や助成金、会計・給与計算などの常日頃の業務支援

経営活動の中で欠けている機能を側面から支援

今回は明らかに後者。

社長は情熱的で優秀

その結果、事業も拡大していすが「書面」にする事が大の苦手

そこで、社長の会話の内容を書面化して、彼のやりたい事の見える化」を支援。

加えて、冷静に顧客の立ち位置の確認、今後の方向性の模索、そして、目標を先読みしてきました。

コンサルタントには、顧客・経営者の能力を客観的に見極めながら、実現可能な目標設定とその道をナビする事は非常に重要な仕事と認識しています。

あらゆるパターンを熟慮して、種々仕組みや仕掛けを作りこんでいきます。

今月日経新聞私の履歴書に連載されている吉野彰さんがこんな事を語っています。

自分の技術を磨き上げて、世の中に必要なものを作り、実現する手段をもつ

その手段を得るために、先読みが必要なのです。

今回は、この技術という言葉がノウハウとなります。

言しますと、こんな表現になります。

自分(経営者)のノウハウを磨き上げて、世の中に必要なものを作り、実現する手段として参謀活用する

知見の中から先読みできるノウハウをどのように提供するか?

それを熟慮し提言する事が参謀の」使命です。

彼は、我々をその手段をとして活用し、事業を拡大していくと確信しています。

貴方は、訪問先の経営者の参謀として目標に向けた先読みができていますか

今回も最後まで読んでくださり、ありがとうございました。

 

コラムの更新をお知らせします!

コラムはいかがでしたか? 下記よりメールアドレスをご登録いただくと、更新時にご案内をお届けします(解除は随時可能です)。ぜひ、ご登録ください。