本物のコンサルティングをより身近に。

Generation Zと向き合うDX推進の肝とは

SPECIAL

DX事業立ち上げコンサルタント

有限会社 アクトコンサルタント

代表取締役 

顧客とDX事業を一緒に構築するコンサルティング営業をめざす営業部の構築を支援します。

少し前のお話になりますが、京都の大学、経済学部の授業で学生にこんな質問をしました。

「貴方は、1日に何時間スマフォを見ていますか?」

挙手の結果は、短い人で4時間

平均6時間の学生が、最も多かったです。

最長時間は、なんと11時間でした。

周囲の学生は驚愕、私は大驚愕

換言すれば、彼らは朝起きてから寝るまで半分近くの時間、スマフォを触わり、生活の一部としてしみついています。

DX推進を考える時、BtoB・BtoCに関わらず、このスマフォとの接点を見逃してはいけません

そして、接点の中からヒントを見つけるのです。

では、どうやってヒントを見つけるのか?

の肝はスマフォを通じた「体験と感動」です。

老年学分野のデザイナー、パトリシア・A・ムーアさんは27歳の時に、3年間老女に変装して旅行

どんなタイミングで、どんな情報をスマフォから提供できれば感動するか?先回りをするためです。

介護者向け商品(メニュー開発する日本人Aさんは自ら抜歯をして、どのくらいの柔らかさであれば老人が食べられるのか?試食を繰り返しています。

試食の様子を動画で配信、ユーザーからの感想を瞬時に吸い上げ、実用化に向けて検討します。

こまでは、相当の覚悟が必要ですが、可能な限り寄り添、体験する事が重要です。

大森は、アラブからの旅行者向けの感動求めて1日アイデアソンに参加、某氏とご一緒しました。

ムスリム・ハラル・礼拝の中から、どんな事が彼らの感動に繋がるかを模索しました。

実際にその人になりきる。

もしくは(ご了解をいただける範囲で)同じ環境の中で数日一緒に過ごします。

インタビューやアンケートではなく、スマフォというインフラから「届ける感動って何?」を自ら体験で考える

この切り口が新たなDX推進につながっていくのです。

先週東京で開催された、世界経営者会議で韓国サムスンのCEOもZ世代をターゲットにしたAI家電の開発を急いでいます。

ビジネス的に表現すればこれからの顧客であるGeneratioZ無意識にデジタルとの親和性を体感しています

その体感をビジネスにする具体的な手段が体験であり、感動です。

貴方は、その体感を大切にしたDX事業モデルを構築する意識がありますか?

今回も最後まで読んでくださり、ありがとうございました。

 

コラムの更新をお知らせします!

コラムはいかがでしたか? 下記よりメールアドレスをご登録いただくと、更新時にご案内をお届けします(解除は随時可能です)。ぜひ、ご登録ください。