本物のコンサルティングをより身近に。

節税好きの社長ほど、お金がなくなる理由

SPECIAL

ダイヤモンド財務コンサルタント

ユメリアコンサルティング株式会社

代表取締役 

次世代経営者専門の財務コンサルティング機関。同族会社のオーナー社長・二代目社長に対して、経営基盤を頑強なものにする、「ダイヤモンド財務」の築き方を指導。

たとえば、あなたは、このように考えていませんか。

「保険に入れば、節税にもなって将来の退職金にもなるはず・・・。」
 「節税対策のために、ベンツやクルーザーを買って・・・。」
 「赤字決算にするために、交際費をたくさんつかって・・・。」

大切なことなのであえて申し上げますが、これらは、社長自らが「自分の会社の寿命を縮める行為」です。

多くの社長にとって、「税金」は最も払いたくないコストです。中には喜んで「たくさん税金を払いたい…」という次元に達している社長もいらっしゃるかもしれませんが、多くの社長の本音は、自社の発展のためにお金を使いたい、そう願っているはずです。

とはいえ、「ただ税金を払いたくないから…」という目先の痛みを逃れるだけの理由で、「お金が減っていく節税対策」をしてしまっては、資金が目減りする一方です。

特に、「お金が減っていく節税対策」は、節税商品を購入し、意図的にお金を使って赤字を作り出します。その結果、財務体質は、強くなるどころか弱くなっていきます。

当然、銀行の格付けも落ち、自由にお金を借りられなくなります。
そうなると、本当に困った時に銀行に助けてもらえませんし、会社の成長を加速するための投資に必要なお金も貸してもらえません。

会社経営の本質が「お金を増やすこと」であることを鑑みれば、「お金を残す技術」ともいえる「節税対策」について高い関心を寄せることは、当然なことです。

もちろん、正しいやり方の「節税対策」は、会社の財務体質を強くするための、「一つの技術」にもなります。ですが 、そのためには、根本的に「財務」の知識が不可欠なのです。

なぜなら、実践しようとしている「節税対策」が真にお金を残すものであるかどうかを見極めるチカラが社長自身にないと、結果的に資金を目減りさせて、財務も悪化することに繋がるからです。

そうならないためにも、社長は財務の実務を知った上で、節税対策を行うべきです。もし、社長自身に財務の知識がないまま保険会社や銀行などのセールスを鵜呑みにしたら、どうなることか…。

「正しく節税する」ことは、会社にお金を残して、内部留保を厚くすることにつながるため、重要な「社長の実務」の一つです。ただし、財務を知らないで実践できるほど甘いものではないのです。

特に、同族会社の場合は、会社に課税される法人税等だけではなく、社長や同族オーナー一族に課税される所得税や相続税についても気を配らなければなりません。

したがって、同族会社の社長は、人一倍、税金について知っておかなければならないのです。

残念ながら、多くの社長が「節税対策をすればするほど、なぜかお金が減っていく」という負のスパイラルに陥ってしまいます。

それは「節税対策」イコール「節税のために、何か商品を購入する」と考えてしまっているからです。もっといえば、節税商品のメリット・デメリットを真に理解する前に、購入の意思決定を下してしまっているのです。

さらに悩ましいのは、「節税対策をすればするほど、なぜかお金が減っていく」という負のスパイラルに陥ってしまっている場合、社長本人が、なかなか「気が付けない」のです。

その結果、いわゆる節税商品を購入してしばらく経ったところで、「何かおかしいな…」と気付きます。

しかし、自覚症状が芽生えた頃には、既に資金繰りがひっ迫、あるいは、不足資金を補うために金融機関から追加で資金を調達するレベルにまで状況が悪化しているものなのです。

社長の仕事は、強く永く続く会社づくりをすることです。
 あなたは今、社長としてどんな未来をつくりたいですか?

ダイヤモンド財務®コンサルタント 舘野 愛

コラムの更新をお知らせします!

コラムはいかがでしたか? 下記よりメールアドレスをご登録いただくと、更新時にご案内をお届けします(解除は随時可能です)。ぜひ、ご登録ください。