本物のコンサルティングをより身近に。

協力業者の付き合い方

SPECIAL

下請工事業脱却コンサルタント

有限会社村松鈑金東京オフィス

代表取締役 

屋根の板金工事業で、完全自前受注体制を築き上げた異色の現役社長コンサルタント。稼業を継ぐも、下請けの理不尽さに憤慨。下請け脱却を目指して20年、工事業の直販体制づくりを実現。その貴重なノウハウを同業に惜しみなく公開指導する。

さて今回は、「協力業者の付き合い方」です。

最近、複数のクライアントさんから、多いお悩みとして、同業、または他業種の工事業者と、協力する現場の取り扱いについて質問されましたので、今回は、自社以外の協力業者の付き合い方についてお話します。

自分の専門工事だけで、修理や工事が完結する場合は、ほとんど問題にならないのですが、他の専門工事業者、或いは、同業者に応援依頼をして工事になる場合があります。

例えば、外部の足場掛けだったり、下地をやってもらう大工さんだったり、サッシやシャッターなどお願いする建具屋さんだったり。

自分では出来ない専門工事業者に工事の一部、或いは全部を依頼する場合です。

この場合一番肝心なことは、自分がやると同じルールで、協力業者が現場対応出来るかです。

このルールがしっかり徹底してないと、工事期間中、お客様が不安に思ったり、心配されて、最悪トラブルになるからです。

もちろん、仕上がり不良、施工ミスなんかは論外ですが、施工時、一番問題になるのは、入った職人の何気ない一言、態度から起こるお客様との対人トラブルです。

自分なら絶対犯さないミスを、ルールを知らない協力業者はやりますから(笑)

よほど徹底したルールを作っておかないと、工事のたびに、それは起こります。

専門工事店の人員は少ないですから、一日中、協力業者の工事を見張って現場に張り付くのは現実的に無理です。

なので自店の工事のやり方を、しっかりルールとして毎回伝えて徹底しておく必要があります。

それは、口頭注意では守られません。

しっかりとした取り決めを書面でやり取りする必要が、毎回あります。

それって、なんか、元請からの工事請書?みたいに思った方もおみえでしょう。

あたりです。

工事のたびに、請書を取り交わし、支払い金額も条件もルールもきちんと取り交してやってるあれです!

小さくても、自分だけでは工事が完成しない案件では、あなたが元請としての采配をふるわないと失敗します。

たまに、やってみないと分からない、金額を取り決めないで協力業者の掛かっただけの請求をもらっている、そんな方がおみえですが、特に、同業の応援施工依頼の場合、金額を決めず、人工貸しで、きた日数だけ支払いになったら応援に行っただけ日当もらえるんだったら、ゆっくり施工、何日も来てやろうと思われないでしょうか?

お客様からは決まった金額しかもらえず、割り増し支払いや、途中のトラブルは、仕事を出したあなたに全部のしかかってくる。

これでは、何のために苦労してお客様から直接工事を受注したのか分からなくなります。

なので、あなたのやり方、ルールを伝え、施工前に金額を取り決めた工事請書が、毎回絶対必要になります。

どんなに小さな仕事でも、立場上、あなたが工事の全責任を負う、元請なのですから。

協力業者の付き合い方

いかがでしょうか。

今まで、何も取り決めなくやってきていませんでしたか。

今までそうだったからと、今後も暗黙の了解?で工事協力させますか。

でもなあ、工事請書なんてもらう事あっても、出したことないって方も、多いと思います。

私もそう思います(笑)

でも、目の前に実務事例があれば、想像しやすいですよね。

一から考えているより、聞いた方が早い!

そんな時は、今日も専門工事店の直販元請経営している村松に聞いてください!

 

1年で「脱下請」するしくみの実務を知りたい、興味がある、やってみたい!

うちの会社でも実現可能なのかは、「思いたった今!」こそです。

そのうち、ゆくゆくでは一生変わりません。

もう、あなたがアクションを起こす番です。

 

コラムの更新をお知らせします!

コラムはいかがでしたか? 下記よりメールアドレスをご登録いただくと、更新時にご案内をお届けします(解除は随時可能です)。ぜひ、ご登録ください。