本物のコンサルティングをより身近に。

取り組む時間がない!

SPECIAL

下請工事業脱却コンサルタント

有限会社村松鈑金東京オフィス

代表取締役 

屋根の板金工事業で、完全自前受注体制を築き上げた異色の現役社長コンサルタント。稼業を継ぐも、下請けの理不尽さに憤慨。下請け脱却を目指して20年、工事業の直販体制づくりを実現。その貴重なノウハウを同業に惜しみなく公開指導する。

今回は、「取り組む時間がない!」です。

危険な暑さが連日続きます。

外仕事の専門工事店は、本当に過酷な毎日です。

夏に1,2回くらい36度になっていた昔とは違い、連日、しかも場所によっては40度を超えるなんで!

ここは本当に日本か?!

とんでもない環境変化ですね。

そうなると昼間の現場作業は過酷です。

工事が重なれば、更にです。

もちろん工事店代表は現場だけではなく、事務方の仕事も同時にこなさないといけませんから、期限のある見積や、終わった工事の請求、それに締め、支払い準備などなど。

仕事の終わった後、やっている事かと思います。

夕食前、それとも後も寝るまで「期限」のある事務仕事をこなす毎日でしょうか。

専門工事店は、経営規模が比較的小さいので、代表は、通常一人で何役もやるわけで、現場仕事の「期限」と、事務仕事の「期限」に、一日の大半を使っています。

本当に、代表は大変ですよね。

でも・・・・

忙しいまま毎日を繰り返していても、工事店を変えていくことって、出来ますか?

下請で、忙しい時はめちゃくちゃ忙しい。

でも暇になると困ってしまう・・・

今後もずっとそれが宿命だと思うのなら仕方ないですが、少しでも、いや違う、もっとやり方を変えていきたい。

下請だけでなく、違う方法で、職人家業を好転変化させたい。

脱下請けを目指したい!

そんな考えをお持ちのあなた。

でも実際は、

取り組む時間がない!

ですよね?

昼間も夜間も精一杯仕事こなしているあなたの毎日には、新しいことに、

取り組む時間がない!

なので、思っていても何一つ進まない。

休日は家庭やその他所用で終わってしまうと、やっぱり、脱下請けに具体的に、

取り組む時間がない!

ですよね?

もし、仕方ないではなく、なんとしても実現したい!

そう思われるのだったら、解決するには二段階あります。

一段階目は、取り組む時間を確保すること。

連日昼間も夜間も忙しいですから、その時間とは早朝です。

元請からの電話も鳴らない。

頭のスッキリ時間をまず確保することです。

二段階目は、強制力と期限をつけること。

時間だけ確保しても、その時間を無駄に過ごしては単なる早起きです。

なので、一緒に取り組む相手をつくる

そして、取り組みの具体策を完成させる期限を決める。

今の元請先の工期や、見積、請求期限日と同じことを設定するわけです。

しないといけない時間と期限を確保することで、はじめて脱下請けの実現はスタートします。

1日は、誰もが24時間しかありません。

でも今の下請家業から何とか脱却したい!

そう強く思う方は、ぜひ挑戦する時間を確保し、一緒に取り組む強い強制力と期限をつけてやってほしいのです。

取り組む時間がない!

その時間の確保は、早朝です。

まずは時間をご自身でヤルと決めて確保してください。

強い強制力と期限は、村松が担当いたします。

脱下請け

やれば必ず手に入れる事が出来ます。

あなたの工事店の将来を変える準備、いつからはじめますか?

 

1年で「脱下請」するしくみの実務を知りたい、興味がある、やってみたい!

うちの会社でも実現可能なのかは、「思いたった今!」こそです。

そのうち、ゆくゆくでは一生変わりません。

もう、あなたがアクションを起こす番です。

コラムの更新をお知らせします!

コラムはいかがでしたか? 下記よりメールアドレスをご登録いただくと、更新時にご案内をお届けします(解除は随時可能です)。ぜひ、ご登録ください。