tyoshioka | 日本コンサルティング推進機構

本物のコンサルティングをより身近に。

工務店経営者のシンボルハウス戦略

SPECIAL

住宅・工務店コンサルタント

株式会社 家づくりの玉手箱

代表取締役 吉岡孝樹

住宅・工務店コンサルタント 。規格住宅を高付加価値化させ、選ばれる工務店となる独自の展開手法「シンボルハウス戦略」を指導する第一人者。
営業マンとして自分が欲しいと思わない住まいをお客様にお勧めする仕事に疑問を持ち、ある工務店でどうしても家を建てたくて転職、鹿児島へ 。15年間で173棟の住まいづくりをすまい手目線で担当。そこから編み出された、選ばれる工務店となる具体戦略を、悩める中小住宅会社ごとに実務指導中。

吉岡孝樹 最新コラム

『ブランディング』考

ブランドとは何か?   「ブランド」は元々、牧場の所有者が自分の家畜などに焼印を施し、他者の家畜と区別するために行われた行為を表す北欧の言葉に由来していると言われている。商標法で保護されている「ブランド」も、同じような商品を見分けるために製造元が取り付けていた商...

詳細はこちら

吉岡孝樹 コラム バックナンバー

筆者プロフィール

住宅・工務店コンサルタント シンボルハウス戦略の第一人者
大学卒業後、アパレル企業を経て住まいに関わること28年。 自ら住みたい家に暮らし、お客様に提供する仕事がしたくて鹿児島に家族とともに移住。そこで建てた住まいでの暮らしぶりは、住まい手だから撮れるリアルな写真とダイレクトなコメントで著書『家づくりの玉手箱』の中で生き生きと表現されている。つくり手として地に足のついた実務経験とアクティブな住まい手感覚の両方の視点を持つ稀有な存在。
強力な独自性を持つ住まいづくりの方法論を体系化。細かく分解されたノウハウにはひとつひとつにエビデンスがあり、実践的で説得力がある。住まい手の感情に届く、わかりやすい指導が多くのクライアントから好評を得ている。
一級建築士、二級建築士、宅地建物取引士、インテリアコーディネーター、CFP®認定者・一級ファイナンシャル・プランニング技能士。

執筆者のWebサイトはこちらhttps://tamatebaco.co.jp/