信頼

SPECIAL
地主専門の資産防衛コンサルティング

いつかは訪れる建物の最後

建物は古くなり、いつか朽ち果てる時が来ます。 いつか必ず対策を講じる必要があるのに、放っておき買い手のつかない古びた物件を子供に渡す… その先で将来困ることになるのは、間違いなく相続後の所有者である、皆様の大切なお子様や…

詳細はこちら

SPECIAL
社内独立店開コンサルティング

店舗ビジネスで成功する人と失敗する人の違い

現在、世の中には様々なビジネスが存在していますが、飲食、サービス業をはじめとした“店舗ビジネス”で成功する人と失敗する人の違いとしては何があるでしょうか。 ここで私が考える一番の違いは、経営者をはじめ、スタッフ達が自社が提供している…

詳細はこちら

SPECIAL
プラチナ社員づくりコンサルティング

第44話 社長の仕事は ”しがらみのない論議の場を持つ” こと

「ソノダさん、採用が困難になってきているので、職場間の業務応援をしてもらおうと、社員を説得しているのすが、すんなり協力してくれそうにない。社員の気持ちが全く分からなくなりました。どうしたものでしょう・・・。」顧問先の社長の言葉です。…

詳細はこちら

SPECIAL
年商10億事業構築コンサルティング

制服(ユニフォーム)選びは、社長の重要な仕事!?女性事務員に任せたり、人気投票で選んだりは、絶対にいけません。

「矢田先生、このユニフォームをどう思われますか?」 建設工事業M社長からのご質問です。 事業構築に光が見え、次は社内の整備に移る段階です。 M社長は、私の書籍のT社のユニフォームの事例から、自社でも制服を導入することにしました。分厚…

詳細はこちら

SPECIAL
ミッションマーケティングコンサルティング

第52号:ビジョンがイメージできない人のためのビジョンの描き方

先行きが見えない時代でビジョンが描けないと悩む経営者の方がたくさんおられます。社員さんから共感を得るために大きな目的や目標を掲げなければならないと思うものの、そんな時代に会社を拡大していくことを心から願うことができず、明確なビジョン…

詳細はこちら

SPECIAL
クライシスマネジメント(想定外の危機への対応)コンサルティング

専門コラム「指揮官の決断」 No.031 図上演習の秘密

図上演習という言葉はあまり耳に馴染みが無いかもしれません。古くから軍隊で作戦計画を立案する際に用いられてきた手法です。  対応すべき事態に関し、想定を付与することにより事態を疑似体験しながら、情報の収集、分析、意思決定、伝達等の対応…

詳細はこちら

SPECIAL
移動空間コンサルティング

人たらしで経営は上手くいくか?

私自身がこれまで、会社の立ち上げを経験してきた中で、感じたのが、経営者としての器、事業が永く発展をしていくには何が必要かということです。 初めて、会社立ち上げを経験したのは、幹部社員、課長職の時でした。 新鮮でやる気に満ち溢れていま…

詳細はこちら

SPECIAL
クライシスマネジメント(想定外の危機への対応)コンサルティング

専門コラム「指揮官の決断」 No.030 危機管理:危機を機会に

私は危機管理専門のコンサルタントとして、危機を機会に転じて事業を躍進させることのできる体質に変えていくお手伝いをしています。本当に強い軍隊が敵の奇襲を受けてもこれを跳ね返し、返す刀で退却する敵を殲滅してしまうように、日ごろからそのよ…

詳細はこちら

SPECIAL
ホスピタリティビジネスコンサルティング

スタッフの考えを共有する具体策

最近、ある社長と話しをしていたところ、「スタッフが何を考えているか読めない」という話しがありました。 一般的な会議の中でも、報告会的な要素が強く、なかなか本音で議論する場が少ないのも現状です。 ましてや中途入社の方や、異動で配属にな…

詳細はこちら

月刊誌(無料)登録フォーム

×