トップ > コラム > 知的財産活用とポジショニング~社長、自社の立ち位置わかってますか?

知的財産活用とポジショニング~社長、自社の立ち位置わかってますか?

  知財・ライセンスの収益化 後藤昌彦 SPECIAL
後藤昌彦 SPECIAL

知財・ライセンスの収益化コンサルタント

株式会社 IPMaaCurie(アイピーマーキュリー) 代表取締役 後藤昌彦

知的財産、マーケティング、マネジメント…を融合し、ライセンスによる収益を恒常的に得る仕組を創るコンサルタント。「見えない有益資産」である知的財産を見える化し、将来、億単位の収益向上に繋がる新たな収益力を引き出す独自の仕組みづくりに定評がある。

プレゼンテーション1

先日、知り合いのコンサルタントが主催するセミナーに参加してきました。

集客力と「同盟力」をテーマに、ケーススタディをしてきたのですが、その中で改めて、「ポジショニングマップ」の重要性を再確認しました。

私も、企業支援の中で「自社の位置付けを明確にすること」を申し上げています。

特に中小企業の場合、競合とどこが違うのか、その違いを最大限経営に活かせるかによって業績は雲泥のように異なります。

この、「競合との最も異なるところ」も、自社の「本当の強み」となり得ます。それを自社だけのウリにするために、知的財産は大きな武器となります。

パテントマップも、ポジショニングマップの一種です。

私がよく使うのは、「課題」-「解決手段」で分類し、保有する知的財産の数を○の大きさで示す「バブルチャート」です。

これに自社の知的財産と、競合相手の知的財産を当てはめることで、自社の位置付け、差別化ポイントが明確になってきます。

逆に、こういう「見える化」「ポジショニング」をちゃんと行わなければ、漠然と「うちはこんな知的財産を持っている」というだけにとどまり、それが本当に競合相手とバッティングせず、いわゆる「ブルーオーシャン」で戦えるかどうかがはっきりしないのです。

一度、自社のポジションをはっきりさせてみてください。

それによって、今後の方向性、立てるべき戦略がはっきりしてきますよ!

 

【知財・ライセンス】会社に眠っている資産を収益化する視点
後藤昌彦

知財・ライセンスの収益化コンサルタント

株式会社 IPMaaCurie(アイピーマーキュリー)代表取締役

後藤昌彦

執筆者のWebサイトはこちら http://www.ipmaacurie.com/

当コンサルタントの関連商品を販売しています。
当社の関連商品を販売しています。
月刊誌(無料)登録フォーム

×