トップ > コラム > 人を生かして勝ち抜くマネジメントとは?

人を生かして勝ち抜くマネジメントとは?

  ホスピタリティビジネス 船坂光弘 SPECIAL
船坂光弘 SPECIAL

ホスピタリティビジネスコンサルタント

ザ・ホスピタリティチーム株式会社 代表取締役 船坂光弘

「お金になるホスピタリティビジネス」構築の専門コンサルタント。ホテルやウェディングビジネスのみならず、異業種のホスピタリティを軸とした新ビジネス立ち上げも指導。

当コンサルタント開催セミナーがあります。

IMG_42079

ホスピタリティは『おもてなし』という意味合いだけではなく、『相手のことを主体的に想う心や行動』を意味します。

つまり、ひと言でいえば他社貢献です。

日々現場でお客様と向き合っている皆さまにとっての自分の仕事の最大の喜びは『お客様に喜んでいただいた時』だと思います。

従って、今よりも自分が喜びを感じたい、仕事のやりがいを感じたいのであれば、『もっとお客様を喜ばせれば良い』ということになります。

それが、自分の他者に対する貢献感(ホスピタリティ)=幸福感を満たすことに繋がるのです。

人は誰もが『人のお役に立ちたい』『自分の存在を認めてもらいたい』『自分の価値を見出したい』と思っています。

人を生かすマネジメントをする上で、人としての本質を理解する必要があります。

つまり、ノルマや成果主義等の金銭的な報酬だけではこの時代、人は動かないということです。

成熟した社会においては、それ以上に『お客様の喜び』や『組織の一体感』、『チームでの達成感』などの精神的な報酬を現場スタッフは求めています。

うわべだけの報酬ではなく、この本質であり、絶対価値であるホスピタリティをマネジメント生かす必要がこの時代にはあるのです。

詳しくは私の著書『人を生かして勝ち抜く最強マネジメント』にも書かせていただいておりますので興味のある方はお読みください。

最近の私への相談の多くは『また退職者が出てしまった』『求人を出しても応募が無い』などの相談が後を絶ちません、採用も厳しくなっており、ある企業では採用コストが前年の2倍を要しているという企業もあり、人財不足に陥っている昨今。

『最近の若者は我慢が足りない・・・』『打たれ弱い・・・』と言っていても、何も始まりません。

だからこそ、経営者は現場にもっと耳を傾け、今ある経営資源、特に『人』を磨くこと、そして職場環境や風土、ムードを変えることがこれからの時代を勝ち抜く上で重要な経営戦略となるのです。

あなたの会社では、人を生かすマネジメントをしていますか?

 

当コンサルタント開催セミナーがあります。

【経営コラム】ホスピタリティで新ビジネスを生み出す視点
船坂光弘

ホスピタリティビジネスコンサルタント

ザ・ホスピタリティチーム株式会社代表取締役

船坂光弘

執筆者のWebサイトはこちら http://www.thehospitalityteam.jp/

当コンサルタントの関連商品を販売しています。
当社の関連商品を販売しています。
月刊誌(無料)登録フォーム

×