「昔からいる幹部をどうするべきか?」、経営幹部を選ぶ基準

  年商10億事業構築 矢田祐二 SPECIAL
矢田祐二 SPECIAL

年商10億事業構築コンサルティング

株式会社ワイズサービス・コンサルティング 代表取締役 矢田祐二

指導暦18年、これまでに200社以上の実務コンサルティング実績を持つ経営コンサルタント。「10億円事業構築」に強みを持ち、直近5年では、導入後数年で年商数億が10億越えをした企業は20社以上と驚くべき成果を出している。

当コンサルタント開催セミナーがあります。


「昔からいる幹部が、追いつかなくなってきています」

コンサルティングの場で受けたご質問です。

仕組化を進めると、各役割や業務、すべてに基準が出来ます。その結果、優秀な社員が、誰の目から見ても明確になります。その一方で、できない社員も明確になります。

仕組みの改善ができない、部下の管理ができないなど、成長していく仕組みの中で、昔からの幹部が、求められる役割をこなせないことが明確になってしまうのです。そして、より若くて優秀な人材が下に入ってきます。それも、より安い給与でです。

その結果、その昔からの幹部の存在が、成長のブレーキになることになります。「その昔からの幹部をどうするべきか」、成長する過程で、必ずこの課題にぶつかることになります。


経営幹部の人選や優秀な社員と呼べる、根本的な基準を確認しておきます。この基準を持って、登用する社員を観ることになります。

その基準とは、『角度』です。角度が有るかどうか、です。この角度のことを、成長意欲とも表現できます。

この『角度がある人』の特徴は、「自分で課題を発見し考える」、「好奇心が旺盛」、「仕事にやり甲斐を求める」、「自分で勉強する」というものです。この角度のある人材を得ることができれば、会社は急速に伸びることができます。社長としても、この人材に、考える業務を分け与えることができます。

逆に、この「角度を持たない人」や「角度が低い人」ばかりだと、いつまでも社長は、具体的な指示をいちいち出すことになります。また、考える業務を渡すことができず、いつまでも頭はパンパンになります。

冒頭の、昔からの幹部は、この『角度が低い人』と言えます。残念なことに、この『角度』は上げることはできません。この『角度』は、その人の生き方であり、生きる力そのものだと言えます。この『角度』については、若いころに(小学生までに)、かなりの部分が形成されています。もし変えることができるとすれば、それはその本人だけなのです。

そして、多くの会社では、この『角度の低い人』を育てようとして、その多くを消耗していると言えます。


経営幹部を選ぶ際には、この『角度』という軸で人を観る必要があります。この軸の前では、今現在の能力などは関係ありません。「特殊な設計ができる」、「大手商社で営業をやっていた」、「エリアマネジャーの経験がある」という過去の経験は、いち要素でしかありません。その経験や能力が有ったとしても、その『角度』がなければ、その人は数年で「物足りなく」なります。

企業というものは、絶えず変化、成長するものです。会社でやっていること、すべてのことが、すぐに過去のものになってしまうのです。会社と同じ角度、近い角度で成長する人材しか、ついてこられなくなります。そして、時間の経過とともに、その差は大きくなるばかりです。

会社が成長する時には、『角度がある人材』を引き上げることになります。これを「抜擢」といいます。「抜擢」する規準は『角度』しかありません。その人材のこの先の伸びる角度を買うのです。

「角度」で観た時に、「若さ」は抜擢を躊躇する理由にはなりません。それどころか、これからの時間の長さや若さゆえの吸収力や行動力から、「若さ」は、抜擢の大きな理由になります。


「角度で若い人を抜擢する」とは、社内だけに限ったことではありません。
同じ角度の経営者と食事に行く(年齢は関係ない)
起業家の面倒をみる
若いコンサルタントを使う

銘経営者ほど、「若く」「角度」のある人と付き合うことを選びます。その時、その人を今現在で観ることはしません。どんな時も自分の回りには、「角度の高い人」を置こうとします。「角度の高い人」と話すことは、それだけで楽しいものです。外でも、社内でもそういう人材がいることは、最高に楽しいことです。

逆に、この世で「角度が低い人」との会話ほど、つまらないモノはありません。社内に、角度を共有できる人がいない、ことも辛い。しかし、これは仕組化を進めることで、必ず解決されることになります。そのような人材が現れます。くれぐれも、その時に「人」に向かってはいけません、淡々と仕組みを整備するのです。

「角度が低い人」に向かうと、恐ろしく多くのものを消耗することになります。社長であろうとも、時に、会社に行くのが嫌になることがあります。


古くからの幹部をどうするべきか?最後に、この質問にお答えすることにします。

新しい役割をつくることです。人には向く向かないがあります、適材適所です。
その幹部にも向く仕事は必ずあります。

  • 安全部長に任命する
  • 店舗の巡回や定期監査員
  • 専務の肩書で業界の会合に参加してもらう

これらの役は、会社の規模が大きくなるとともに必ず必要になります。

私のゼネコン時代、支店から安全部長が2カ月に一度、現場に安全パトロールに来られました。その時にいつも「矢田君どうだ。」とやさしく声をかけていただいたのを今でも覚えています。地元から遠く離れた九州で、毎日深夜まで働く自分にとって、それが励みになりました。

会社の今も昔も社長がつくってきたもの、それらすべてを背負い、これからの未来をつくるのが社長の役目です。頑張りましょう。


当コンサルタント開催セミナーがあります。

年商10億円への経営視点
矢田祐二

年商10億事業構築コンサルティング

株式会社ワイズサービス・コンサルティング代表取締役

矢田祐二

執筆者のWebサイトはこちら http://www.yssc.jp/

当コンサルタントの関連商品を販売しています。
当社の関連商品を販売しています。
当コンサルタントの執筆書籍をご案内
月刊誌(無料)登録フォーム

×