トップ > コラム > カウンセリングとセミナーが両立できないのは○○が違うから

カウンセリングとセミナーが両立できないのは○○が違うから

  開業カウンセラー 矢場田勲 SPECIAL
矢場田勲 SPECIAL

開業カウンセラーコンサルタント

有限会社ライフビジョン 代表 矢場田勲

開業カウンセラーに特化して指導する、専門コンサルタント。自らカウンセラービジネスを立ち上げ、軌道に乗せた経緯から、カウンセラーとして独立、活躍していくために最も重要なビジネス的視点と実務アドバイスを惜しみなく提供。稼げないカウンセラーが多い中、救世主的存在。

1対1のカウンセリングもやりたいし、セミナーの講師としても活躍したいです」

このように開業後のご自身の想いを伝えてくる方がいます。こういった近未来の展望を漠然とした形でもいいので、まずは思い描いてみることが大切です。

未来を思い描くことは大切なことなのですが、カウンセリングと講師を両方やりたいという場合は、実はとても危険な要素が入っているのです。

「なぜ、カウンセリングとセミナーを両立させながら、やっていきたいのですか?」と私が訪ねると、Aさんみたいになりたいからです。

すでに活躍されているカウンセラーの名前が出てきました。活躍中のカウンセラーのウェブサイトを見ると、たしかにセミナーが盛況で、カウンセリングも3か月待ちとなっていたりします。

その状態を見て、Aさんに憧れる気持ちはわかります。ただ、《結果》として、Aさんは今の形になっていることをおさえておかなくてはいけません。

これからこ開業する人が11のカウンセリングを開始して、セミナーも開始すると、どちらも上手くいかない可能性があります。なぜ、上手くいかない可能性があるのでしょうか?

それは、《ターゲットが違う》からです。

そうなんです。カウンセリングを受けたい人とセミナーを受けたい人とでは、ターゲット層が異なるのです 

ターゲットが異なるということは、一体どういうことを意味するのか。それをあらかじめ考えておく必要があります。

ターゲット層が異なるということは、全く別のビジネスをやるようなものだということです。集客にかける『労力も資金も2倍かかってしまう』と思ってください。

開業当初の資金にゆとりがない時に、二兎を追ってしまうと、二つとも中途半端になってしまうことになりかねません。 

かつての私の失敗事例があります。11のカウンセリングを始めた当初のことです。カウンセリングの集客とは別に潜在意識を活用する少人数のセミナーも開催していました。

セミナーの方が料金的に安いので参加しやすいということもあり、カウンセリングよりも参加者を集めやすかったことを記憶しています。数ヶ月連続して行いました。

ところが、セミナーから11のカウンセリングにつながったのは、たった1件だったのです。 

私は元々、11のカウンセリングをメインにやっていきたかったのです。そして、あわよくばセミナー講師としても活躍できたら素晴らしいなと思っていたのです。

ところが、見事に惨敗。効率が悪すぎることにようやく気付いた私は、11のカウンセリング集客に集中することに方向展開したのです。

私と同じような考え方をしていて、失敗するケースはあるので注意してくださいね。

あるいは、11のカウンセリングは芽が出ないものの、セミナーの集客が上手くなっていき、そのまま主な収入源がセミナーになる人もいます。そして、セミナー参加者の中から、少しずつカウンセリングを受ける人がちらほら出始めるという流れもあります。こういった形で売れているカウンセラーもよく見かけます。

この場合、正確には売れているカウンセラーではなく、《売れている心理セミナー講師》ということになります。

この部分を間違えて捉えて憧れを抱いてしまうと、時間もお金も無駄にする集客をしてしまうかもしれないのです。

あなた自身が、1対1のカウンセリングをメインにやっていきたいのか、それとも人気講師になりたいのか、どちらを選択するかでターゲットが異なり、集客方法も違ってくるのです。

 

【開業カウンセラー】
矢場田勲

開業カウンセラーコンサルタント

有限会社ライフビジョン代表

矢場田勲

執筆者のWebサイトはこちら https://no1-support.jp/

当社の関連商品を販売しています。
月刊誌(無料)登録フォーム

×