トップ > コラム > なぜ、売れている起業家ほど広告を打つのか?

なぜ、売れている起業家ほど広告を打つのか?

  開業カウンセラー 矢場田勲 SPECIAL
矢場田勲 SPECIAL

開業カウンセラーコンサルタント

有限会社ライフビジョン 代表 矢場田勲

開業カウンセラーに特化して指導する、専門コンサルタント。自らカウンセラービジネスを立ち上げ、軌道に乗せた経緯から、カウンセラーとして独立、活躍していくために最も重要なビジネス的視点と実務アドバイスを惜しみなく提供。稼げないカウンセラーが多い中、救世主的存在。

「アメブロ、Facebook、ツイッター、ライン、インスタグラム。どれを使うと100万まで最短でいけますか?」

体験セッションで、このようなご質問をいただきました。直球の質問だったので、気持ちよくて思わず笑ってしまいました。

今の時代は恵まれていて、SNSを使うことで無料でターゲットとつながることができます。私が起業した20代の時と違い、誰でも気軽に起業できる時代になっています。

ただ、私が起業したときと変わらないものもあります。それは、成功している人の考え方です。SNSであれば、Facebookやツイッターといった便利なツールの使い方です。この便利なツールの使い方が成功する人としない人では、決定的に違うのです。

具体的に言うと、成功しない人、あるいはある程度の売上で止まる人は、無料のツールだけを活用しています。一方、成功する人は、ツールを広告として活用していきます。

成功する人もしない人も同じようにFacebookやツイッターといったSNSを使っているけど、無料の使い方をするか、広告費を払っているかの差になります。これが後々決定的な差になって表われてくるのです。

成功しない人は、広告費を支払うことに対して、リスクが高いと考えます。一方、成功する人は、無料ツールだけを使い続けることに対して、リスクが高いと考えます。

真逆の考え方ですよね。

売れている人は、広告を使うのは当たり前すぎるので、「ヤバタさん、何言っているの?」と思われるかもしれません。

一方、こういったツールを無料でしか活用していない人にとっては、「有料の広告を使うなんて信じられない」と思っているものなのです。

これは、《何にリスクを感じているか》の違いですね。《時間を失うのが怖い》と感じているか、《お金を失うのが怖い》と感じているか、です。

当然成功する人は、時間ほど貴重なものはないと考えています。お金は、取り戻すことができますからね。

手持ちのお金を失うのが怖い。だからできるだけ使いたくないという発想は、会社員的発想です。起業家は、こんな発想をしていてはいけません。

ビジネスとは、いかに利回りを大きくするかです。お金を貯めこんで、銀行に預けていても、今の時代ものすごく利回りが小さいですよね。広告に投資すると、銀行とは比べ物にならないほどの利回りの大きさになります。

そこででた売上の大部分を再び広告に再投資していくのです。広告はレバレッジをかけることができます。無料のツールを使っていたときと違い、一気にあなたの存在を見込み客に知らせることができるので、売り上げが短期間で拡大します。 

ここで注意が必要です。「そうか、広告か」と拙著『プロカウンセラー開業&集客バイブル』を読んで、いきなり広告に手を出し、上手くいかなかった人がいます。

どんなことにも適切な順番というものがあります。集客の仕組みをきちんと作ってから、広告を打たないと、ザル状態なのです。これだと、広告を打てば打つほど、懐が苦しくなってきます。

集客の仕組みを作りながら、テストマーケティングを行います。そして、「これはいける!」と判断できたときに、広告を打っていくのです。

私が広告を打つのを見て、「賭けみたいなものですね」と言ってきた人がいたのですが、私からしたら、めちゃくちゃ石橋を叩いてから、広告を打っているので、正直勝てる勝負しかしていないという感覚なのです。

かつて、私がチラシを使っていた当初、チラシをPCで自作して、プリンターで印刷、自分で近隣にポスティングしていました。チラシのキャッチコピーを変えて、写真を変えて、本文を変えて、テストマーケティングを繰り返していました。ここまでは、できるだけ資金をかけないでチャレンジしています。

チラシの反応率が上がってきたところで、今までの売上金をほとんど全て広告に投入していくのです。いつ勝負に出るかを見極めていくことが重要になります。

ポスティング会社に依頼したり、新聞折り込みチラシや地域の情報誌に掲載したりと、レバレッジをかけるために広告を拡大していったのです。テストマーケティングを繰り返していたおかげで、広告も外れることはなく、打てば売り上げとして返ってくる状態です。

このように、広告を打つ前の段階というものがありますので、そこは注意しましょう。

成功している人の成功している状態だけを見て、判断すると痛い目に合います。

成功している人が、なぜこの行動をしているのか、じっくり観察してみましょう。必ずちゃんとした意味があります。どんなことを狙っているのか、そのために事前準備として何を仕込んでいるのか。しっかり知っておく必要があります。

 

【開業カウンセラー】
矢場田勲

開業カウンセラーコンサルタント

有限会社ライフビジョン代表

矢場田勲

執筆者のWebサイトはこちら https://no1-support.jp/

当社の関連商品を販売しています。
月刊誌(無料)登録フォーム

×