これからの変化の時代に向けてのカイゼン[7]

  現場改善 柿内幸夫 SPECIAL
柿内幸夫 SPECIAL

現場改善コンサルティング

柿内幸夫技術士事務所 所長 柿内幸夫

メーカー企業の現場改善指導と、「儲かる新たなモノづくり」体制を指導する辣腕コンサルタント。全社員が一丸となって改善する「KZ法」を体系化。ライバル企業に対して圧倒的な差を生み出していく体質改善指導に、全国から指導依頼が集まる。


今回は『儲かるメーカー 改善の急所101項』【急所95】の解説です。

【急所95】工場を、モノづくりを見せるショールームとして活かせ。

これからは営業が注文を取ってきて、それを製造が作るといった分業の時代ではありません。競争が激しい昨今、もし営業が受注で苦しんでいたらそれを製造がサポートする必要があります。

私はこの営業サポートの改善をするとき、今回のタイトルであるショールーム化をしばしば取り上げます。

ショールームというと工場で作っている製品をショーケースに入れて展示するといったイメージが湧くかもしれませんが、それとは少し違います。

皆さんの工場が持っておられる技術力や管理力をお客様に一目でお伝えするショールームです。どこかの場所にショールームを作るのではなく、工場全体がショールームになるのです。

その前提にはもちろん整理・整頓・清掃の3Sがあります。お客様が工場に入った時にまずは散らかっていなくてスキっとしていることは前提です。

その上で、工程表示がされていて生産の流れがスムーズで、納期が守れることが一目で分かること。検査の場所に検査に必要な検査機や冶具が分かり易く置いてあって、その通りに作業がされていて、品質のいいことが一目で分かること。従業員が明るく挨拶をしてくれて信頼できる人たちが作業をしていると分かること。などなど…。

すなわちモノづくりにかかわるすべての要素が見れば分かるということです。質問する必要がないくらい見えるようにすることです。

一度、お客様の立場に立って皆さんの工場を見てください。お客様が皆さんの工場のすばらしさに感激して、何としてもこの工場で私たちの商品を作ってもらいたいと思っていただけるレベルのアピールがあるかどうかです。

 


【メーカー社長必読】日本のモノづくりの新視点
柿内幸夫

現場改善コンサルティング

柿内幸夫技術士事務所所長

柿内幸夫

執筆者のWebサイトはこちら http://www.kakiuchikaizen.com/

当社の関連商品を販売しています。
当コンサルタントの執筆書籍をご案内
月刊誌(無料)登録フォーム

×