知ってる事とやれる事は100倍違う

  下請工事業脱却 村松利孝 SPECIAL
村松利孝 SPECIAL

下請工事業脱却コンサルティング

有限会社村松鈑金東京オフィス 代表取締役 村松利孝

屋根の板金工事業で、完全自前受注体制を築き上げた異色の現役社長コンサルタント。稼業を継ぐも、下請けの理不尽さに憤慨。下請け脱却を目指して20年、工事業の直販体制づくりを実現。その貴重なノウハウを同業に惜しみなく公開指導する。


「村松さん、こんばんは。細かい仕事でばたばたしておりますが、昨日110万、今日200万の契約取れました。ありがとうございます。」

そして、昨日も、

「村松さん28万と85万決まりました~。ありがとうございます。」

次回、最終の指導となるクライアントさんから直接受注の報告がありました。

わずか8か月前までは、下請けの工事しかしていなかった方です。

もちろん、直接お客さまから工事注文も、そもそも営業もしたことがない方です。

しかし、指導先の中で群を抜いて急激に実績をあげられています。

ほかの方と違うのは、もちろんご本人の圧倒的に高い職人技術力あってのことですが、私の指導したことを、とにかくすぐやる、分からないことは、すぐ聞いてきて自分のものにしてしまう力が非常に高いところです。

すでに、元請受注工事が下請工事を大幅逆転しています。

こんな報告が、私は本当にうれしいのです。

きっと専門工事で地域No1の会社になるでしょう。

これからも頑張って業績を伸ばしてほしいです。 

当コンサルタントの関連商品を販売しています。

さて今回は、「知ってる事と、やれる事は、100倍違う」です。

拙著、「専門工事で直接受注100%を目指す!1年で「脱下請け」するしくみ」を出版して半年になりました。

父親から継いだ、専門工事業3代目の私たち夫婦が、22年掛かって、100%下請から100%元請受注を実現した、様々なノウハウを書き記したビジネス実務書です。

商業出版の企画が通り、執筆から出版まで実に、1年半かかりました。

この本を出版した際、様々な方と出会えたし、同時に様々なご意見もいただきました。

肯定的なご意見として、

ためになった。

自社でも試してみようと思った。

下請け当たり前の業種でも、こんなことができるのかと驚いた。

小さい会社でも出来そうな事例で分かりやすかった。

などなどいただきましたが、

一方で、

〇〇の方法と似ているとか、

どこそこで勉強したことがある。

うちも似たようなことやってたけど。

仕事が忙しいから、別に元請にならなくてもいい。

村松さんだから出来たことじゃないの?

今の元請との付き合い上やれないことばかり。

その程度の事は、知っている。

などの否定的なご意見も聞きました。

賛否両論いただいた訳ですが、いずれにせよ、本を読んだ感想、知識としてご評価いただいた事に過ぎないということです。

何十冊も本を読んで、似たような内容は知っている、いろんな講演を聞いて感銘を受けたなど、勉強熱心な方のほうがどちらかというと否定的なご意見が多かったです。

単に、知識だけなら、本やセミナー参加で十分養えると思いますが、ご存知の通り、経営実務は知識だけでは回りません。

実際にやってみて、結果を自分で体験して初めてわかる世界があります。

そこから経験則を積み上げ、体得しなければ、そもそも元請化100%は不可能です。

知識をいくら積み上げても、今の状況は何も変わりません。 

「知ってる事とやれる事は100倍違う」 

先に登場した、指導先専門工事社長は、うちのノウハウを、やれる事に変換し、真剣に取り組んだ結果の賜物だと、私は思いますが、あなたはどう感じましたか?

弊社は、専門工事会社の直販化100%を実現している現役経営者の村松の考え方、具体的な実務の直販経営ノウハウすべてを提供しています。どうしても気になる、やってみたい!うちの会社でも実現可能なのかは、「思いたった今」こそです!村松まで今すぐお問合せください。そのうち、ゆくゆくはでは一生変わりません。今度は、あなたがアクションを起こす番です。

 


【工事業専門】直販工事受注への視点
村松利孝

下請工事業脱却コンサルティング

有限会社村松鈑金東京オフィス代表取締役

村松利孝

執筆者のWebサイトはこちら http://motoukeka.com/

当コンサルタントの関連商品を販売しています。
当社の関連商品を販売しています。
当コンサルタントの執筆書籍をご案内
月刊誌(無料)登録フォーム

×