トップ > コラム > 専門工事元請化の5大メリットを手に入れるとは

専門工事元請化の5大メリットを手に入れるとは

  下請工事業脱却 村松利孝 SPECIAL
村松利孝 SPECIAL

下請工事業脱却コンサルタント

有限会社村松鈑金東京オフィス 代表取締役 村松利孝

屋根の板金工事業で、完全自前受注体制を築き上げた異色の現役社長コンサルタント。稼業を継ぐも、下請けの理不尽さに憤慨。下請け脱却を目指して20年、工事業の直販体制づくりを実現。その貴重なノウハウを同業に惜しみなく公開指導する。


先週は、屋根工事の組合様で、講演をしてきました。

やはり、下請の方が圧倒的だったのですが、中には、屋根工事専門で7割元請されている方もおみえでびっくりしました。

その方は、PRにも私にない工夫をされていて感心いたしました。

同じ屋根屋ですので、さっそくウチも取り入れようと思いました。

先の台風で100件以上の修理案件を抱えている会社様もいて、皆さん今とても忙しいようでした。

さて今回は、「専門工事元請化の5大メリットを手に入れるとは」です。

弊社主催セミナーでは冒頭、必ずお伝えすることなのですが、今回の講演でも、聴講の皆さんに聞いてみました。

「もし、皆さんが、お客さまから直接受注できるとしたら、どんな点が良いですか?」

すると、まずは、

儲かる」が出ました。

そうですよね、直接なら、定価で直接注文できるからですよね。確かに。

その次は、

即現金化

これが上がりました。下請け仕事では、元請の締め日支払日まで、お預けです。直接受注なら、最速、工事が終わった晩に、集金できたりすることがあります。

工期が主体的に決められる

これも上がりました。もし今忙しければ、すこし先に取り掛かるとお客様に伝えれば、工事をコントロールすることができます。

「これ以外は何かないですか?」

お聞きしても出なかったので、あと二つの解説を話しました。

当コンサルタントの関連商品を販売しています。

4つ目は、

専門工事の仕事で売上が全部立つ

です。自分の一番得意な工種で、売上が全部立てば一番効率がいいですよね。設計士や、現場監督より知識も技術も持ち合わせている専門工事ですから。

「最後は何かありませんですか?」

そうお聞きすると、先ほどの7割元請でやっておみえの方が、

お金払ってくれて、なおかつ感謝される

そうお答えいただきました。

「さすが、ご名答!」

そうです。自分の一番得意な専門工事をさせてもらい、なおかつ、お客さまから感謝される。

これが、専門工事元請化の一番のメリットだと思います。

弊社は、そんなお客さまからの

ありがとう。

が、毎日の仕事のすべてです。担当する職人社員宛てにもお礼の手紙が届きますし、すべて弊社がお客様のところで行う修理、工事、サービスには、この言葉が返ってきます。

でも・・・・

この5つのメリットを実現するには、実は大きなハードルがあります。

それは、

お客様が、あなたの会社に直接電話してくれないことです。」

元請の建設屋か、リフォーム屋にあなたより先に引き合いが逃げて行ってしまうという事実。

これが現実です。

困りました・・・・

ウチは大手より、経営規模が小さいし、宣伝もままならない・・・

総合建築会社より、有名ではないためです。

でも、小さな専門工事会社だから出来るPR方法も実はあるのです。

大手との差別化が効いて、お客様があなたの会社に真っ先に問い合わせをする作戦が。

弊社は、そんなお客様からの引き合い電話が、月に30件鳴ります

そんな方法を、あなたの専門工事会社でもやりたいと思いませんか?

直販元請のメリットは、私に言われなくても、分かっているのですから。 

弊社は、専門工事会社の直販化100%を実現している現役経営者の村松の考え方、具体的な実務の直販経営ノウハウすべてを提供しています。どうしても気になる、やってみたい!うちの会社でも実現可能なのかは、「思いたった今」こそです!村松まで今すぐお問合せください。そのうち、ゆくゆくはでは一生変わりません。今度は、あなたがアクションを起こす番です。

 


【工事業専門】直販工事受注への視点
村松利孝

下請工事業脱却コンサルタント

有限会社村松鈑金東京オフィス代表取締役

村松利孝

執筆者のWebサイトはこちら http://motoukeka.com/

当コンサルタントの関連商品を販売しています。
当社の関連商品を販売しています。
月刊誌(無料)登録フォーム

×