出前館で売るための技術(出前・宅配で売る技術)

  出前・宅配 牧泰嗣 SPECIAL
牧泰嗣 SPECIAL

出前・宅配コンサルティング

有限会社マクウェル 代表 牧泰嗣

指導歴12年。これまでに118店舗で実績を上げてきた辣腕コンサルタント。各会社、店舗の状況にあわせ、確実に収益の上がるオリジナルの出前・宅配ビジネスづくりを指導。


ネットや新聞でもニュースになっているように、大手外食企業も出前・宅配に参入してきています。

店舗での売上高が頭打ちになってきたときに、大きな設備投資も不要で、新しい市場と新しいお客様が獲得できるのが出前・宅配だからです。

スマホが普及し、ウーバーイーツや出前館が力を入れているシェアリングデリバリーなどの宅配専門業者が出てきたことで、出前・宅配の市場規模は大きくなっています。

いままで出前や宅配を利用したことがなくても、気軽に注文でき、美味しいものを自宅や会社で食べられる便利さがわかると、クセになるお客様も増えてきているのです。

売れるとわかれば、新たに出前・宅配を始める店も増えてきて、出前館でも新しい店舗が登場しています。

ところが、新しい店の商品を見ていると、首をかしげたくなることも・・・

まずは、商品の写真が美味しそうに写っていないのです。

たぶん、素人がスマホで撮った写真ではないかと思いますが、写真がきれいでないので、お世辞にも美味しそうに見えません。同業種の他店と比べても、写真は見劣りがします。

出前館に限らず、ホームページでも、チラシなどの紙媒体でも、写真が美味しそうに見えることが、出前・宅配で売るための条件です。

当コンサルタントの関連商品を販売しています。

さらに、気になったのは商品です。

これも多分、店で提供している商品と同じなんだと思いますが、商品の内容も一昔前ようで古くさく感じます。価格と商品のバランスも良くありません。

出前・宅配を始める前には、商品についても売れる商品構成、価格、素材について検討しておく必要があります。

そして、店のセールスポイントが書いてなかったのです。
出前館のように同業種の競合店がひしめき合っている中では、写真とともに自店の魅力を言葉でも明確に伝えることが大切です。

コンサルティングをしたお店では、写真とコピーを変えただけで、出前館の売上が2.4倍になりました。
これだけで売上が大きく変わってきます。

出前・宅配で売上を伸ばすには、写真、商品、コピーの3つはとても大切な、そして重要な武器です。

宅配市場が伸びているからと言って、出前・宅配を始めれば、売れると安直に考えてしてしまうのは大間違いです。

出前・宅配をしていても、売上の高い店もあれば、低い店もあります。

その差は、売る技術・儲ける技術を行っているか、いないかです。

 


【出前・宅配の視点】これから儲かる「お届けビジネス」のポイント
牧泰嗣

出前・宅配コンサルティング

有限会社マクウェル代表

牧泰嗣

執筆者のWebサイトはこちら http://dtbc.jp/

当コンサルタントの関連商品を販売しています。
当社の関連商品を販売しています。
当コンサルタントの執筆書籍をご案内
月刊誌(無料)登録フォーム

×