本物のコンサルティングをより身近に。

世の中の変化と日本の製造業が抱えている問題点 8

SPECIAL

現場改善コンサルタント

柿内幸夫技術士事務所

所長 

メーカー企業の現場改善指導と、「儲かる新たなモノづくり」体制を指導する辣腕コンサルタント。全社員が一丸となって改善する「KZ法」を体系化。ライバル企業に対して圧倒的な差を生み出していく体質改善指導に、全国から指導依頼が集まる。

いろいろな変化に対して私たちはどういうスタンスを取るべきなのでしょうか?


これらを総合するとこれらの変化は一過性のものではなく経営環境が変化した結果だと考えるべきだ。経営者はこの環境の変化を受けて立たなければならない。

経営者はこれまで何とかやってきたという成功体験を捨て、すべてを一から見直すつもりで経営改革を実践する必要がある。

これまでの経験の延長線上に将来の経営はないことを覚悟することだ。

ではこの方向に向けて、どうやって体質改善を進めていったらよいのだろうか?

従来的な改善のやり方に留まることなく、「新たな体質改善のやり方」はあるのだろうか?マスコミの報道を見ると日本に無いもの、できていないモノをあげつらった悲観的な情報があふれているが、その遅れを取り戻す方法は何なのだろうか?という前向きな問いかけが大きな意味をもつことになる。


Question  私たちがこれから始める前向きな改善はとどういうやり方になるのでしょうか?

 

コラムの更新をお知らせします!

コラムはいかがでしたか? 下記よりメールアドレスをご登録いただくと、更新時にご案内をお届けします(解除は随時可能です)。ぜひ、ご登録ください。