トップ > コラム > 他社との違いはお客様に分かりやすいか

他社との違いはお客様に分かりやすいか

  下請工事業脱却 村松利孝 SPECIAL
村松利孝 SPECIAL

下請工事業脱却コンサルタント

有限会社村松鈑金東京オフィス 代表取締役 村松利孝

屋根の板金工事業で、完全自前受注体制を築き上げた異色の現役社長コンサルタント。稼業を継ぐも、下請けの理不尽さに憤慨。下請け脱却を目指して20年、工事業の直販体制づくりを実現。その貴重なノウハウを同業に惜しみなく公開指導する。

当コンサルタント開催セミナーがあります。

さて今回は、「他社との違いは、お客様に分かりやすいか」です。

春は、リフォームする方が、増えだす季節です。

訪問販売の営業が、軒並みドアピンポンしてきたり、大手リフォーム会社も、大量の新聞折り込みチラシを何度も投入してきたり、あるいは地元工務店もイベントをしてきたりと、市場を活性化させる動きが、一年で一番激しくなります。

そんな中、うちも負けじと、営業や、チラシ、イベントを開催し、市場の需要を拾おうと同じようなことを計画しているかもしれません。

でも、他社と同じようなことをPRしても、お客さまからの依頼電話は鳴りません。

なぜなら、会社の経営規模、販促費用の掛け方が他社のほうが大きいからです。

同じ内容の広告や営業活動をしたとすると、お客さまは、大きな会社を選ぶからです。

初めから勝ち目などありません。

では、初めからあきらめ撤退するのかというと、これも間違い。

なぜなら、あなたには専門工事領域があるからです。

当コンサルタントの関連商品を販売しています。

試しに、大手のリフォーム広告チラシを見てください。しょっちゅう入ってくるその大きなチラシ紙面の中に、あなたの工事領域の宣伝は、どれぐらいの紙面を取っていますか?

工事領域にもよりますが、総合リフォーム会社のチラシでは、ほんの一部でしか掲載していません。規模が大きい会社は、総合で何でもやれるチラシで需要を刈り取るから、専門性の高い工事だけに紙面を割けないからです。

一方、専門工事会社は、その専門工事会社が得意とする修理工事の領域があるはずです。

そこだけを集中的にPRすること。まずこれだけを守ること。

その他何でも請け負えますなんて、色気を出した瞬間、大手に喰われてしまうのです。お客さまが会社規模を比較し選ぶから。だから勝ち目なんてありません。せいぜい相見積もりの当て馬になるだけです。

経営規模の小さな専門工事会社は、自分の専門性だけを丁寧にしっかりお客様に伝えることが、最重要です。ほかでやれる仕事はあなたの会社には回ってこないと思ったほうがいいです。

でもうちに、そんな特殊な修理や工事なんてないよ。

そんな声が聞こえました。

ちょっと考えたぐらいではおそらくそうでしょう。でも、よくよく自社の今までやってきた修理、工事、サービスを丁寧に見直すと、何かしらの特徴を探し当てることが出来るのです。

他社があんまりやらない領域があるものです。

専門工事を何年もやってきたのなら必ずなにか特徴があるはずです。

そこを探し当てたら、その部分にスポットを当てた販促をするのです。その部分の専門性が高ければ高いほど、あなたのところへお客さまからの引き合いが来るようになります。

なぜなら、お客様から見ると、大手総合リフォーム会社より、その分野の専門性がある、知識技術があるプロと、勝手に判断してくれるから

いかがでしょうか。

いままであなたの会社が行ってきた販促活動は、大手や同業他社の真似してなかったでしょうか?

他社との違いが全くないPRしていませんでしたか。

でも、具体的にどうやったらよいかわからない。

そんな時は、村松までご一報ください。あなたと同じ経営者目線で具体的なやり方をお伝えします。

弊社は、専門工事会社の直販化100%を実現している現役経営者の村松の考え方、具体的な実務の直販経営ノウハウすべてを提供しています。

どうしても気になる、やってみたい!うちの会社でも実現可能なのかは、「思いたった今」こそです!村松まで今すぐお問合せください。

そのうち、ゆくゆくはでは一生変わりません。

今度は、あなたがアクションを起こす番です。

 

当コンサルタント開催セミナーがあります。

【工事業専門】直販工事受注への視点
村松利孝

下請工事業脱却コンサルタント

有限会社村松鈑金東京オフィス代表取締役

村松利孝

執筆者のWebサイトはこちら http://motoukeka.com/

当コンサルタントの関連商品を販売しています。
当社の関連商品を販売しています。
月刊誌(無料)登録フォーム

×