今一度足元を見据える~業務の優先順位

  知財・ライセンスの収益化 後藤昌彦 SPECIAL
後藤昌彦 SPECIAL

知財・ライセンスの収益化コンサルティング

株式会社 IPMaaCurie(アイピーマーキュリー) 代表取締役 後藤昌彦

知的財産、マーケティング、マネジメント…を融合し、ライセンスによる収益を恒常的に得る仕組を創るコンサルタント。「見えない有益資産」である知的財産を見える化し、将来、億単位の収益向上に繋がる新たな収益力を引き出す独自の仕組みづくりに定評がある。


 

 

「後藤さん、当社にとって本命はこっちの開発なんですが、他の仕事で手が付けられなくて、後回しになってしまってるんです」

これは、先日コンサルティングをさせていただいた会社で開発の進行状況と今後のスケジュールを打ち合わせしていた際に、社長様が仰った言葉です。

この会社は、マンパワーが少ない中、将来有益な技術開発案件を複数抱えておられ、その優先度について議論をさせていただきました。

仕事を進める際に、その優先順位を決めることは当然ながら大変重要です。

知的財産についてもそれは同じで、優先順位が低い内容の知的財産を先に取得しても、活用までに至らないケースがほとんどです。

優先順位の決め方は、重要度と緊急度で決めていく必要がありますが、上述の会社の場合は、緊急度が高い案件を優先し、会社にとって重要度が高い案件を後回しにしてしまっている傾向がありました。

もし、重要度は低いが緊急度は高い案件があるのであれば、その業務は外部に委託する、相手先にお願いをして待ってもらう等、重要度の高い業務にマンパワーを投入できるよう、対策を講じなければなりません。

ついつい、目の前の仕事に追われ、重要度の高い業務を後回しにしがちになりますが、そういうときこそ、もう一度足元を見据え、重要度の高い仕事に取り組めるよう
仕事のやり方、組織の動かし方を見直す必要があります。

皆さんは、重要度の高い仕事にちゃんと取組めていますか?

目先の仕事に追われていませんか?

もう一度見直してみてください。

 


【知財・ライセンス】会社に眠っている資産を収益化する視点
後藤昌彦

知財・ライセンスの収益化コンサルティング

株式会社 IPMaaCurie(アイピーマーキュリー)代表取締役

後藤昌彦

執筆者のWebサイトはこちら http://www.ipmaacurie.com/

当社の関連商品を販売しています。
当コンサルタントの執筆書籍をご案内
月刊誌(無料)登録フォーム

×