トップ > コラム > 最新ツールの情報収集と活用の体制作り

最新ツールの情報収集と活用の体制作り

  知財・ライセンスの収益化 後藤昌彦 SPECIAL
後藤昌彦 SPECIAL

知財・ライセンスの収益化コンサルタント

株式会社 IPMaaCurie(アイピーマーキュリー) 代表取締役 後藤昌彦

知的財産、マーケティング、マネジメント…を融合し、ライセンスによる収益を恒常的に得る仕組を創るコンサルタント。「見えない有益資産」である知的財産を見える化し、将来、億単位の収益向上に繋がる新たな収益力を引き出す独自の仕組みづくりに定評がある。

「後藤さん、このタイムスタンプって結構有益なツールだと思いますよ。この機会に、クライアントにお勧めしてはどうですか?」

これは、先週末に広島で開催された弁理士会の研修で、担当講師が私に仰ってくれた言葉を意訳したものです。

タイムスタンプとは、簡単に言えば公証役場で押してもらう確定日付の電子版みたいなもので、その日付に確かにその文書が存在していたことを証明できるツールです。

知的財産においては、公開して特許を取得すべきものと、マル秘にしておくべきものがありますが、このタイムスタンプは、マル秘にしておく際に合わせて使うことで「自社のノウハウである」ことを証明することも可能になります。

それ以外にも、いろんな使い方ができるので私なりに研究をしてみようと思います。

当コンサルタントの関連商品を販売しています。

ただし、このタイムスタンプもあくまでも「ツール」であるだけで、使う目的と効果を明確にした上で利用しないと、単なる無駄な業務に終わってしまいかねません。

一方で、このような最新ツールの存在を知り、自社で活用できるかどうかを検討することも必要です。

最新情報を常に入手できる体制でなければ最新ツールの存在自体も把握できないということです。

 つまり、

  • 自社が関連する分野や業務における最新情報を常に把握し、
  • 自社でそれが活用できるかどうかを目的と効果から検討し、
  • 導入するかどうかを決め、
  • 導入したら有効活用する。

という体制ができていないといけないことになります。

これ、できているようでできたいない企業が多いのではないでしょうか。

特に中小企業やベンチャー企業のように経営資源が限られている企業ではなおさら、外部の力も借りてこの体制を創っていくべきです。

最新ツールの情報収集と活用の体制作り、必要ですよ!

 

【知財・ライセンス】会社に眠っている資産を収益化する視点
後藤昌彦

知財・ライセンスの収益化コンサルタント

株式会社 IPMaaCurie(アイピーマーキュリー)代表取締役

後藤昌彦

執筆者のWebサイトはこちら http://www.ipmaacurie.com/

当コンサルタントの関連商品を販売しています。
当社の関連商品を販売しています。
月刊誌(無料)登録フォーム

×