トップ > コラム > 2代目社長が開発型経営を目指すべき理由

2代目社長が開発型経営を目指すべき理由

  商品開発 四谷剛毅 SPECIAL
四谷剛毅 SPECIAL

商品開発コンサルタント

株式会社シンプルテックプラン 代表取締役 四谷剛毅

商品開発コンサルタント。特に開発部門を持たずに売れる商品開発を実現する、独自の「デベロップレス」体制づくりに定評。いま全国の中小メーカー企業の業績躍進の新手法として、多くの企業から指導依頼が集まる注目のコンサルタント。

当コンサルタント開催セミナーがあります。

当社では、限られた経営資源の中で、新たな技術、製品、商品を継続して開発できる、そういった開発型の企業経営をご支援しています。

ご支援する経営者には、創業者のかたも2代目以降のかたもいるのですが、2代目以降のかたにのみ見られる傾向というのがあります。必ずでは無いのですが、創業社長には見られず、2代目以降のかたに一定確立で見られる特徴です。

それは、「社長が社員に遠慮する」というものです。

「そんな、ばかな。社長でしょ。」と思われる人もいるかもしれませんが、事実として遠慮が見られます。

創業者が起こしたビジネスを 社員や顧客、設備といった会社の資産を丸ごと引き継ぐのが2代目です。周りからは、創業者が苦労して立ち上げた会社を労せずに手に入れた、と見られます。そんな2代目に対して、冷めた目でお手並み拝見という態度を取る社員が少なからずいます。

2代目社長は、そんなプレッシャーに打ち勝っていかなければなりません。特に、就任当初は、たいへんな戦いとなります。ところが、そんな状況下で、社員を動かす力、リーダーシップが十分に発揮できず、どこか社員に遠慮してしまうようになった。そんな状況に陥っているケースです。

そして、こうなってしまった社長がとる典型的な行動パターンがあります。

それは、思うように動かない社員を何とかしようと、社員教育に力を入れたり、人事制度改革を行ったりすることです。とにかく社内を何とかしようと、社内にばかり色々な手を打つパターンです。ところが、長くここにばかり気を取られてしまうと、会社は停滞、衰退の道を歩むことになります。

もちろん、創業者がイケイケどんどんで事業を伸ばすだけ伸ばしてしまい、社内体制が全く追いついていないケースなど、社内体制の整備も必要です。しかし、これだけは忘れてはいけないことがあります。

それは、会社の目的は、顧客の創造であること。
会社は、会社の外側にいるお客様に働きかける、お客様に貢献する存在であるということです。

決して、社内だけを見ていても、会社の成長はありません

ところが、2代目の中には、会社にこもって社内改革にばかり時間をかけている人が少なくない。会社の成長、売上、利益は、お客様がもたらすものです。顧客の創造無くして会社の持続的成長はありません。2代目こそ、目線を外に向け、積極的に顧客の声を聞き、新たな技術、製品、商品を開発して、顧客の創造、顧客の開発を目指さなければなりません。

どんどん事業を伸ばす社長に、ついていかない社員はありません。
2代目社長は、自信を持って、第2の創業を目指しましょう!!

社長という、最も過酷で重い責任を引き受け、人生のリスクを取ってやってるんですから、社員に遠慮は要りません。

 

当コンサルタント開催セミナーがあります。

売れる商品開発を実現する社長の視点
四谷剛毅

商品開発コンサルタント

株式会社シンプルテックプラン代表取締役

四谷剛毅

執筆者のWebサイトはこちら http://stecplan.com/

当社の関連商品を販売しています。
月刊誌(無料)登録フォーム

×