トップ > コラム > 全員で行う改善をベースとした新しい経営のアプローチ 1

全員で行う改善をベースとした新しい経営のアプローチ 1

  現場改善 柿内幸夫 SPECIAL
柿内幸夫 SPECIAL

現場改善コンサルタント

柿内幸夫技術士事務所 所長 柿内幸夫

メーカー企業の現場改善指導と、「儲かる新たなモノづくり」体制を指導する辣腕コンサルタント。全社員が一丸となって改善する「KZ法」を体系化。ライバル企業に対して圧倒的な差を生み出していく体質改善指導に、全国から指導依頼が集まる。


今回から新章です。具体的なアプローチを考えます。よろしくお願いいたします。


前章の最後でこれから始まる経営改革の手段は現場改善だと申し上げた。訳の分からない横文字の手段ではなく、昔から日本の製造業が慣れ親しんだ改善だ。

私はこれまで日本以外にもアメリカ、ヨーロッパ、アジア、オーストラリア、アフリカ等世界各国の工場を見てきたが、その経験から日本の製造業の一番の強みは生産現場を中心とした改善力だと確信している。

今でもその力はダントツだ。

だからこの力を活用しない手はないし、これから述べる方法で慣れ親しんだ改善を活用すればとんでもない変化を起こせるのだ。


Question:現場改善を通じて経営を変えるというアプローチ、イメージわきますか?

 


【メーカー社長必読】日本のモノづくりの新視点
柿内幸夫

現場改善コンサルタント

柿内幸夫技術士事務所所長

柿内幸夫

執筆者のWebサイトはこちら http://www.kakiuchikaizen.com/

当社の関連商品を販売しています。
月刊誌(無料)登録フォーム

×