トップ > コラム > 一番先に選ばれる工事店

一番先に選ばれる工事店

  下請工事業脱却 村松利孝 SPECIAL
村松利孝 SPECIAL

下請工事業脱却コンサルタント

有限会社村松鈑金東京オフィス 代表取締役 村松利孝

屋根の板金工事業で、完全自前受注体制を築き上げた異色の現役社長コンサルタント。稼業を継ぐも、下請けの理不尽さに憤慨。下請け脱却を目指して20年、工事業の直販体制づくりを実現。その貴重なノウハウを同業に惜しみなく公開指導する。

当コンサルタント開催セミナーがあります。

さて今回は、「一番先に選ばれる専門工事店」です。

先の台風で、弊社の地域では、多くの家屋に被害が生じました。

その多くが、屋根瓦の飛散、トタン屋根めくれ、それに雨どい破損、外壁の破損です。

台風進路の右側に入り暴風の影響が多かったためです。その後の大雨で、雨漏りの問い合わせも相次ぎました。

台風襲来日から、今日まで140件を超える電話があり、普段の月の5倍近くの問い合わせがこのわずか二週間で殺到しました。

当然、急行するにも、修理するのも完全にキャパオーバーですが、全社員で対応しています。

お待ちいただくお客さまばかりですので、非常に心苦しいのですが、一つ一つ対応していくしか出来ない現状です。自然災害には極力対応していくしかありません。

当コンサルタントの関連商品を販売しています。

さて、本題ですが、「一番先に選ばれる専門工事店」とは、どんなことでしょうか。

今回のような台風被害で、お客さまが一番先に思い浮かんだり、調べて連絡が入る工事店だということですよね。それと出来るだけ早く急行したり、応急対処したりできる工事店を探し連絡が入るはずです。

まだ増える一方で最終的にはどれぐらい問い合わせが入るかわかりませんが、現在聞いている範囲では、明らかに、この地域の同業者、建設会社より弊社の問い合わせ数が圧倒的に多いということです。

これは、弊社が、「何屋で」「何が得意で」「どこにある店か」をはっきりさせたPRを継続情報発信しているからです。

あなたの工事店では、どのような状況でしょうか?

おそらく電話もたくさん鳴っているかと思います。でも思うように対応できていないのではないでしょうか?

なぜなら、現行の下請仕事が止まってしまうからです。元請会社に迷惑かけたくないから個人のお客様宅へは行きたくても行かれないのではないでしょうか。

弊社が、急行できるのは、元請工事店だからです。現行工事を待ってもらっているから対応できるのです。お客様に直接お話しできる直販化100%の専門工事店だから可能なわけです。

今後のあなたの工事店経営を考えてほしいのです。

元請の建設業者、リフォーム屋の言いなりの仕事に頼るか、自分の専門工事に誇りをもって対応できる会社にするのか、真剣に選んだ第一歩を進める時期に来ています。

今の景気は必ず悪くなります。

あなたの専門工事店は、その景気に流されるのか、今、準備して、自社の景気は自社で作る専門工事店にするのか決めないといけません。

景気が悪くなれば、すべて手遅れになります。

弊社は、専門工事会社の直販化100%を実現している現役経営者の村松の考え方、具体的な実務の直販経営ノウハウすべてを提供しています。

どうしても気になる、やってみたい!うちの会社でも実現可能なのかは、「思いたった今」こそです!村松まで今すぐお問合せください。

そのうち、ゆくゆくはでは一生変わりません。

今度は、あなたがアクションを起こす番です。

 

当コンサルタント開催セミナーがあります。

【工事業専門】直販工事受注への視点
村松利孝

下請工事業脱却コンサルタント

有限会社村松鈑金東京オフィス代表取締役

村松利孝

執筆者のWebサイトはこちら http://motoukeka.com/

当コンサルタントの関連商品を販売しています。
当社の関連商品を販売しています。
月刊誌(無料)登録フォーム

×