トップ > コラム > 一歩が踏み出せない時は「カウンセリングプレート」が有効

一歩が踏み出せない時は「カウンセリングプレート」が有効

  開業カウンセラー 矢場田勲 SPECIAL
矢場田勲 SPECIAL

開業カウンセラーコンサルタント

有限会社ライフビジョン 代表 矢場田勲

開業カウンセラーに特化して指導する、専門コンサルタント。自らカウンセラービジネスを立ち上げ、軌道に乗せた経緯から、カウンセラーとして独立、活躍していくために最も重要なビジネス的視点と実務アドバイスを惜しみなく提供。稼げないカウンセラーが多い中、救世主的存在。

「早く予約が来てほしいと思っている自分と、もし予約が来たらどうしようという自分がいるんです」 

ホームページを作り、カウンセリングルームも確保し、いつでもスタートを切れる状況を作った方からのご質問をいただきました。 

予約は早く来てほしい。これは当然の思いです。

ここまで準備したのですから、予約が入らないと困ります。 

でも、いざ予約が入ったら、これもまた困ってしまう。 

こういった矛盾は、冷静に考えてみると、おかしいことではあります。

でも、実際には割と多くの方がこの矛盾に陥ります。 

そして、この矛盾に陥ると、なかなか予約が入ってこないことになるのです。

自分でも気づかないうちに強力なブレーキを踏んでしまっているので、行動量が少なくなります。 

何事も一発で上手くいくことはありません。

だから、予約を取るためには、次から次へと集客の打ち手を試していく必要があります。 

この矛盾がある限り、成功に至るまでの行動が足りないので、どうしても足踏み状態が続いてしまうのです。

私もカウンセラーデビューする直前に「もし、今予約がきたらどうしよう」という不安に襲われて、身動きが取れなくなった時がありました。 

1週間くらいそういう状態になってしまいましたが、この状況を打開するために、私が取った方法があります。 

それは・・・ 

「カウンセリングテンプレート」です。 

不安で身動きが取れなくなった私は、一体何がそんなに不安なのか、紙に書き出しました。 

  • もし、想定外の症状で悩んでいるクライアントが来たらどうしよう
  • いざクライアントが来たら、どうやって話を膨らませていけばいいのだろう
  • 相談に来られたクライアントから信頼が得られるだろうか
  • リピートにつながるだろうか
  • 突然暴れだす人は来ないだろうか
  • 予約メールが来たら、どんな文面で返信したらいいのだろう
  • クライアントを当日迎え入れて、まず何をしたらいいのだろう

 

書くのが間に合わなくなるくらいどんどん不安が湧いてきます。 

でも、不安を自分のなかにためこんでいては、何も解決しません。

しっかり紙に書き出すというアウトプットが大切になります。

 

アウトプットをし始めると、隠れていた不安が表に出てくるので、余計に不安になります。

ですが、この不安を感じるのも必要なことです。 

書き出していくと、3つの不安に分かれることに気づきました。 

考えても仕方ない不安。

今すぐに対処できる不安。

対策を練ったら対処できる不安。 

先ほどの、突然暴れだす人はいないだろうか?という不安は、今から考えていても仕方がない不安です。 

今すぐ対処できる不安は、予約メールが来た時にどのように返信するか、あらかじめ文面をセットしておくこと。それで対処しました。 

そして、対策を練ったら対処できる不安が「カウンセリングテンプレート」なのです。

例えば、

クライアントからの信頼が得られるだろうか?

リピートしてくれるだろうか?

といったことが、対策が必要な不安になります。 

その不安を少しでもゆるやかにするために、信頼が得られる1回のカウンセリングのペース配分というのはどういうものだろうか? 

さらに、信頼を得て、リピートをしてもらえるペース配分とトークはどういうものだろうか? 

その不安を解消するために徹底的に考えたのが「カウンセリングテンプレート」の始まりです。 

「信頼を得てリピートもしてもらえる形だ」というものを作りました。 

こういったものを作ると、不安よりもこのテンプレート通りに物事が進むのか、早く試してみたい、という欲求の方が上回ったのです。 

試した結果どうなったかというと、上手くいきませんでした。

でも、もう少し工夫すると上手くいくかも、という可能性があったのです。 

そこから試行錯誤を繰り返し、リピート率が70%以上になって売上が安定してきたのです。 

「テンプレート」はそこから発展し、症状別のもの、対人関係のもの等いろいろなパターンを作り、大きく分類して7つのテンプレートになったのです。 

自分にとってのカウンセリングがブレないようにする道標であり、クライアントにとっては、見えない心の悩みが見える化できるので、信頼してもらえる最強のツールでもあります。 

まずは、自分の不安を解消するものとして、作ってみることをお勧めします。

そうすると、一歩踏み出す行動力がついてきますよ。 

―――――――――――― 

今、「カウンセリングテンプレート」を公開する

「安心安定のカウンセラー起業」

セミナー&説明会の募集を受け付けています。

そのセミナーではテンプレートを公開して、どのように使うのか、どんな効果が生まれるのか、を丸ごと公開します! 

ぜひ日程を確認して、席が埋まる前に確保してくださいね。 

まずはこちらから無料登録してください。 

⇒ http://m.1gnitestrategy.com/l/c/OossRNZl/e7QDSPP1/

【開業カウンセラー】
矢場田勲

開業カウンセラーコンサルタント

有限会社ライフビジョン代表

矢場田勲

執筆者のWebサイトはこちら https://no1-support.jp/

当社の関連商品を販売しています。
月刊誌(無料)登録フォーム

×