トップ > コラム > 同族経営者が、12月にすべきこと

同族経営者が、12月にすべきこと

  10億ビジネスの経営数値成長戦略 野口 タカ子 SPECIAL
野口 タカ子 SPECIAL

10億ビジネスの経営数値成長戦略コンサルタント

株式会社ノグチ経理相談室 代表取締役 野口 タカ子

同族会社の業績を、10億20億事業に成長させる「経営数値」コンサルタント。客数や客単価・生産性などの業績を現す数値と、財務諸表の数値とを統合させることこそ、同族企業の成長の根源であると、「儲かる社長が押さえるべき商売7つの数値の法則」として体系化。頼りになる指導と、評価が高い。

「今すべき仕事とは何かね?」

「はい、資産の棚卸から始めます。そこで、オーナーに1番にお願いしたいのは、5つの基準を決めていただく事です。」 

5年前12月の事だ。

オーナー会長に同族経営者として今何をすべきか問われ、「棚卸」と答えた。 

T大学を卒業し国家公務員の最高位まで出世し、退職後同族企業の運営に携わった人だ。

さすがに、説明無しに、「分かった、やろう。」と答えてくれた。

当コンサルタントの関連商品を販売しています。

大事なもの、自分にとっての「虎の子」はなに?

 

膨大な資産を所有する会社だが、キャッシュは少ない。

なぜなら、資産を補修するために、得たキャッシュが、ほとんど使われてしまうからだ。

大きなビルを造っても、収入は、借入返済・固定資産税・修繕補修費用・人件費に消える。 

夫人から、所有する一等地を何故手放すのか?

「虎の子」を手放したら、先代に申し訳が立たない、と言われたとき、オーナーはこう答えた。

「バカ言え!虎の子っていうのは、定期預金だ!」 

夫婦だって重要事の基準は違う。

何が基準か?

これが、ハッキリしないと何時までも漂流して、ゴールにたどり着かない。 

なに、重要度と行ってもそんなに身構えないでほしい。

基準は、質より量だ。

自分の時間を費やされていること、より時間を使いたいことから決めればいい。 

彼の答えはシンプルだった。

「何で思い悩むか、女房から言われて、カチンとくる回数が多いものを最重要にすればいい。」

頭のいいオーナー会長だ。 

1番にキャッシュフロー、2番に同族から賛同を得られる、3番に地域の協力を得られる… 

彼にとって理想の一日は、お金の心配をしなくてもいい一日だ。

自分の理想を実現するために、所有する資産の中から実現できる資産を、見つけだす方法、それが、「棚卸し」だ。

「棚卸」は、理想の一日を実現する第一歩 

数字の表を作るのは、ノグチの仕事。

基準をもとに、優劣をつけるのは、オーナー会長の仕事。

自身の判断を基に、オーナー会長は、資産の処分切り替えをしました。 

そして、理想の一日一日を過ごして、旅立ちました。 

成功の法則は、自分の理想の一日をハッキリさせることから始まります。 

子供の頃、小学生の私は、薄暗い押し入れの中で、誰にも邪魔されず本を読んで暮らすのが理想の一日でした。

電気のコードを引きこむので、すぐにばれましたが……。 

今私は、お客様の売上データの中から「これは!」という数字を探すのが理想の一日です。 

あなたにとって理想の一日は、どんな一日にしたいですか。

実現するのは、あなたのための「棚卸」です。

PS

実家が小売店だったノグチは、子供の頃「棚卸し」が大嫌いでした。遊びたい盛りの小学生が細かな棚卸の手伝いなんて~。但し、これは売れたことにして…、お菓子が胃に入ることもありました。

 

10億ビジネスの経営数値
野口 タカ子

10億ビジネスの経営数値成長戦略コンサルタント

株式会社ノグチ経理相談室代表取締役

野口 タカ子

執筆者のWebサイトはこちら http://www.n-keiei.co.jp/

当コンサルタントの関連商品を販売しています。
当社の関連商品を販売しています。
月刊誌(無料)登録フォーム

×