トップ > コラム > いまこそ越境ECで中国市場にチャレンジを

いまこそ越境ECで中国市場にチャレンジを

  通信販売 白川 博司 SPECIAL
白川 博司 SPECIAL

通信販売コンサルタント

株式会社四方事務所 代表 白川 博司

通販戦略なくして事業の成長はない! 20年間にわたり、300社以上の通販立ち上げに携わってきたプロコンサルタントが、経営者のための通販視点とこれからの事業発展の重要戦略について提示。

今年1 月1日に施行された中国電子商取引法(EC 法)により、ソーシャルバイヤー( 日本製品をSNS やCtoCプラットフォームなどを利用して販売する在日・訪日中国人) は、大打撃を受けている。

中国政府は、越境EC 新制度については規制緩和に動いた一方、EC 法では代理購入規制をかけたため、インバウンド消費にも大きな影響を与えている。

同法施行前は、このインバウンド需要の目減りを補う形で、正規品の越境EC が伸びると予測されていた。もちろん、今年1 月売上が前月比で2 倍以上伸びた企業もあるが、半減した企業もあったようだ。

EC 法では、越境EC 事業者だけでなく、商品を大量に仕入れて中国国内で販売活動を行っている、登録証のないバイヤーに対しても登録を義務付けて納税させることに
主眼を置いており、ネット上のプラットフォームで販売する際も登録証が必要となっている。

当コンサルタントの関連商品を販売しています。

このような市場環境にある中、今年の春節商戦については、概ね良好な結果が発表されている。とくに大阪や名古屋エリアは、大阪大丸心斎橋店が前年比29%増、名古屋松坂屋が前年比38%増と、足元のインバウンド消費の勢いは衰えていない。

世界中が中国の成長鈍化に懸念を抱いているが、中国人の個人消費は意外にも堅調な状況である。

訪日客が帰国後、リピーターとして利用する越境EC は、現時点では、まだ大きく成長しているわけではないが、淘汰の時期を経て、正規の越境EC 売上は、これから徐々に拡大していくものと見られている。

我々にとってこの越境EC 対策は、国外卸し戦略の一角を占める重要な事案である。

日本の中小企業が巨大な中国市場にチャレンジすることができる数少ない策であり、いま、その取り組みをスタートさせる最適な時期と言えよう。

 

【儲かる通販戦略】社長のための、通販事業戦略の視点
白川 博司

通信販売コンサルタント

株式会社四方事務所代表

白川 博司

執筆者のWebサイトはこちら http://shirakawahiroshi.jp/

当コンサルタントの関連商品を販売しています。
当社の関連商品を販売しています。
月刊誌(無料)登録フォーム

×