自社のビジネスを「俯瞰」する | 日本コンサルティング推進機構

本物のコンサルティングをより身近に。

自社のビジネスを「俯瞰」する

SPECIAL

知財・ライセンスの収益化コンサルタント

株式会社 IPMaaCurie(アイピーマーキュリー)

代表取締役 

知的財産、マーケティング、マネジメント…を融合し、ライセンスによる収益を恒常的に得る仕組を創るコンサルタント。「見えない有益資産」である知的財産を見える化し、将来、億単位の収益向上に繋がる新たな収益力を引き出す独自の仕組みづくりに定評がある。

「後藤さん、うちの銀行でお客様に「一目でわかる」ビジネス提案ツールを検討しているんですが、知財やマーケティングも絡めて提案できそうなツールってご存知ですか?」

これは、先日お世話になっている金融機関の方から私にいただいた問い合わせです。

金融機関も、単なるお金の貸し借りだけではなく、お客様(企業)に提案できることがないかを模索しているようで、その一環として提案できることがないかを検討しておられます。

私からは、「例えば、ビジネスモデルキャンバスはどうですか?これなら、ビジネスモデルの俯瞰が1枚のシートでできますし、知的財産に関することならリソースの中に記述しておくこともできます。」

ということを申し上げ、銀行で引き続き検討するようです。

ビジネスを俯瞰するということは、特に経営者は必ずやらねばならないことです。

自社のリソースは何か?
顧客は誰か?
顧客との関係構築は?
連携すべきパートナーは誰か?
何にコストをかけ、どうやって収入を得るのか?

等々を整理し、俯瞰してみることで、自社のビジネスモデルの妥当性と、今後、どの方向へ進むべきかの検討が可能になります。

いろんなツールがありますので、どのツールを使えばよいか(例えば、知財の活用によるビジネス展開なら、「IPランドスケープ」というツールもあります)

貴社なりに検討し、ビジネスを「常に俯瞰する」ことを忘れないようにしてください。

 

コラムの更新をお知らせします!

コラムはいかがでしたか? 下記よりメールアドレスをご登録いただくと、更新時にご案内をお届けします(解除は随時可能です)。ぜひ、ご登録ください。