トップ > コラム > 数字を読む ― 700万円×2人―

数字を読む ― 700万円×2人―

  通信販売 白川 博司 SPECIAL
白川 博司 SPECIAL

通信販売コンサルタント

株式会社四方事務所 代表 白川 博司

通販戦略なくして事業の成長はない! 20年間にわたり、300社以上の通販立ち上げに携わってきたプロコンサルタントが、経営者のための通販視点とこれからの事業発展の重要戦略について提示。

この数字は、「パワーカップル」と呼ばれる購買力のある共働き夫婦の世帯年収である。

ニッセイ基礎研究所は、夫婦ともに年収700 万円超の世帯を「パワーカップル」と定義。近年、高額消費の担い手として注目されている、パワーカップル世帯の動向を捉え、その嗜好や生活スタイルを分析している。

なお、この定義設定にあたっては、夫も妻も高い購買力を持つこと、消費税や税率区分が20%から23%に上がる「695 万円」というボーダーラインを考慮しているものと思われる。

彼らは、富裕層の子供や孫である「親リッチ」に該当する割合が高く、将来的に親や祖父母からの資産移転が見込まれていることから、消費や資産運用などの経済活動を牽引する新富裕層として、各業界から熱い眼差しが向けられている。

ただ、このパワーカップルは、単に高いものを好むのではなく、自分の価値観に合ったものに出費を惜しまないことが特徴とされる。日常生活では堅実で無駄遣いはしないが、金融商品への関心は高く、ITを駆使した情報収集にも積極的である。

当コンサルタントの関連商品を販売しています。

パワーカップル世帯のエンゲル係数は、19.1%と2 割を切り、平均サラリーマン世帯(521 万円) の25.3%を引き離している。また1 ヵ月の消費支出金額は約60万円と、平均サラリーマン世帯の27 万円の倍以上の額となっている。 これを車の購入資金にあててみると、約100 万円の差、婦人服1 着にかける平均単価で比較すると、2万2,130 円に対し6,370 円と3.5 倍の差となっている。

世帯金融資産は、基本的に妻の年収が高いほど多い傾向にあり、世帯金融資産1,000 万円以上は、妻の年収が300 万円未満では27.5%だが、年収300~700万円未満では43.9%、パワーカップル妻と見られる年収700 万円以上では67.4%である。年収700 万円以上では世帯金融資産5,000 万円以上も多く、実に32.6%を占めている。

パワーカップルは、妻も正規社員や管理職に就いている割合が高く、仕事と家事・育児で、とにかく「時間がない」世帯が多い。この世帯の増加により市場が拡大するのは、「時間がない」ことを解決する消費領域である。

たとえば、時短・効率系の商品・サービスとしては、洗濯乾燥機や食洗機、ロボット掃除機などの自動家電やカット野菜、半調理済みの食材の入った料理キット、風呂や窓掃除など掃除目的ごとに適した素材で出来た使い捨ての紙シートなど、時短家事商品があげられる。

当然、空いた時間に買物ができるネットショッピングや、オンライン系サービス(英会話、カウンセリング等)などの利用もますます増えるはずだ。

いずれにしても、社会情勢により今後、共働き世帯が増えていくことは必至であり、消費力のあるパワーカップル世帯の増加によって、これらの「時間がない」を解決する商品・サービスは活性化していくだろう。

 

【儲かる通販戦略】社長のための、通販事業戦略の視点
白川 博司

通信販売コンサルタント

株式会社四方事務所代表

白川 博司

執筆者のWebサイトはこちら http://shirakawahiroshi.jp/

当コンサルタントの関連商品を販売しています。
当社の関連商品を販売しています。
月刊誌(無料)登録フォーム

×