トップ > コラム > 信念と継続

信念と継続

  下請工事業脱却 村松利孝 SPECIAL
村松利孝 SPECIAL

下請工事業脱却コンサルタント

有限会社村松鈑金東京オフィス 代表取締役 村松利孝

屋根の板金工事業で、完全自前受注体制を築き上げた異色の現役社長コンサルタント。稼業を継ぐも、下請けの理不尽さに憤慨。下請け脱却を目指して20年、工事業の直販体制づくりを実現。その貴重なノウハウを同業に惜しみなく公開指導する。

当コンサルタント開催セミナーがあります。

さて今回は、「信念と継続」です。

最近弊社の下請脱却、直販元請化指導を終了し卒業された方に最後にお伝えした言葉です。

直販元請工事を起こそうとするとき、まず必要なのは、「信念」です。

必ず出来る、ものにすると決めて自分を信じる力がまず必要になります。

いつもの現場仕事以外に取組み時間を創る、理解する、そして実践実行しないと、実は直販工事化は進みません。自分なら出来るという力の大きい小さいが、とても影響します。

この方は、人並み外れた信念と行動力の持ち主さんであったため、私の指導を懸命に理解し、実践行動されました。

結果1年で下請から元請比率7割以上に劇的変化を得ることになりました。本当に素晴らしい成果を出されました。

当コンサルタントの関連商品を販売しています。

あと、専門工事元請化経営に必要なことに「継続」があります。

これは簡単そうで実は一番難しい

お伝えした直販元請化のノウハウから短期の受注は出来るが、年通しての受注、3年5年10年と安定して受注していかないと、結局工事店経営は決して安定していかないからです

継続は地味かもしれませんが、決めたことを繰り返すことしかありません。

季節や外的要因、ライバル会社の進出。どうしても受注量に波があるのを経験すると、他もっと良い方法があると首を突っ込んだり、下請け工事に戻ってしまったりしがちです。

これを克服するのは、いつもの受注や売上を獲得するのは、いつもやらなければいけない方法を、いつも通り繰り返し、地道に繰り返すこと。これしかありません。

これこそが直販元請化経営を下支えする秘訣になります。

信念と継続

下請専門工事店が、本当に直販元請経営に変化するために必要な事なのです。

あなたは、逆転経営を絶対勝ち取る「信念」、

そして直販元請化を安定経営にもっていく「継続」はありますか?

村松は、あなたに寄り添い応援指導をするだけです。

いかがでしょうか。

令和を、あなたの専門工事逆転経営元年にしてみませんか! 

どうしても気になる、やってみたい!うちの会社でも実現可能なのかは、「思いたった今」こそです!村松まで今すぐお問合せください。

そのうち、ゆくゆくでは一生変わりません。

今度は、あなたがアクションを起こす番です。

 

当コンサルタント開催セミナーがあります。

【工事業専門】直販工事受注への視点
村松利孝

下請工事業脱却コンサルタント

有限会社村松鈑金東京オフィス代表取締役

村松利孝

執筆者のWebサイトはこちら http://motoukeka.com/

当コンサルタントの関連商品を販売しています。
当社の関連商品を販売しています。
月刊誌(無料)登録フォーム

×