トップ > コラム > 消費税を払わなければ、得をする?

消費税を払わなければ、得をする?

  10億ビジネスの経営数値成長戦略 野口 タカ子 SPECIAL
野口 タカ子 SPECIAL

10億ビジネスの経営数値成長戦略コンサルタント

株式会社ノグチ経理相談室 代表取締役 野口 タカ子

同族会社の業績を、10億20億事業に成長させる「経営数値」コンサルタント。客数や客単価・生産性などの業績を現す数値と、財務諸表の数値とを統合させることこそ、同族企業の成長の根源であると、「儲かる社長が押さえるべき商売7つの数値の法則」として体系化。頼りになる指導と、評価が高い。

Fromノグチ 

平成元年の思い出…美味しい食事に手がつけられない理由 

「だって、医者は消費税払わないのよ、得じゃない。」

「君は何言っているんだ!払わないのは、もらってないからだろう」 

「医師会で決めたのでしょう!、武見先生を押すって」

(夫人の言葉を遮って!)

「ボクは、反対したよ、だけど反対は二人だけだったんだ!」 

突如、目の前で夫婦げんか…

ところは、茨城県○○市、日本料理店のお座敷です。

病院の理事長は医師、経理部長は夫人です。 

医療法人の決算が終わって、報告後の会食の時間です。

綺麗に並べられた皿・小鉢・椀モノ

手にした箸をおいていいのか、、、、。

当コンサルタントの関連商品を販売しています。
 

もらってないけど、払っている…損じゃない!

「ねぇ、ノグチ先生、納税がないことと、得は違いますよね。

この人は(夫人に顔を向け)納税がないと、得だと思うんですよ。

それって、損してることだと思うんですけど」 

永年経理をしている、お金を管理している、資金繰りをしている人が、急に経理の内容が分からない…と、いわれているように感じているだろうな。。。 

夫人も、目を△にして、こっちを見ている。。。 

消費税導入から間もない平成元年の初夏、茨城県○○市、日本料理店の窓からは、綺麗な緑の田が見えていて、お座敷はクーラーが効いているのに、汗が出てきます。 

箸袋を広げて、長方形の形にして、その長辺を半分に折って、その折り目まで、上から紙をちぎっていきました。 

(先生のおっしゃる意味は、こういうことですよね。)

(収入には消費税が付いてないけれど、支払う経費には消費税が付いている。) 

「そうなんだよ。。。

ボク、間接税をよく勉強したんだ、だから分かるんだ。」 

(医療の現場では、消費税がつかない人件費が大きな費用ですから、支払っている消費税は、現状ではどうでしょうね。

それほど損ではないかもしれませんね~。) 

夫人のホットした表情。

私も早くホットしたい。。。

平成は3%、令和は10% 

3%時代の医業の数式は、

売上100 - 原価52 = 利益48

3%時代の消費税を支払う事業の数式は

売上103 - 原価 52 - 消費税納税 1 = 利益50 

差は2。

タダシ、桁は、万なのか億なのかは分からないけど。 

当時は3%だった消費税は、平成9年に5%、平成26年8%となり、

今年、令和元年10月からは10%になる。 

10%時代の医業の数式は、

売上100 - 原価55 = 利益45

10%時代の消費税を支払う事業の数式は

売上110 - 原価 55 - 消費税納税 5 = 利益50 

税率が上がれば、手元資金の差もドンドン広がっていく。。。

消費税を払わない、イイ業種だと思っていたのに、消費税がかからない経費=人件費を圧迫していきます。 

大学病院の無給医問題は、消費税が一因かもしれませんよ。 

―ノグチ

 

PS.

税が注目されるときは、必ず“節税ビジネス”が出てきます。

“消費税還付ビジネス”と呼ばれています。海外に輸出すれば、消費税は払わなくてイイと言う話をよく聞きます。

でもこれ、医業と同じ数式になりませんか。相手からは消費税を預かっていないけど、経費に付いてる消費税は払っているーーということです。

10億ビジネスの経営数値
野口 タカ子

10億ビジネスの経営数値成長戦略コンサルタント

株式会社ノグチ経理相談室代表取締役

野口 タカ子

執筆者のWebサイトはこちら http://www.n-keiei.co.jp/

当コンサルタントの関連商品を販売しています。
当社の関連商品を販売しています。
月刊誌(無料)登録フォーム

×