トップ > コラム > なかったものを手に入れる

なかったものを手に入れる

  下請工事業脱却 村松利孝 SPECIAL
村松利孝 SPECIAL

下請工事業脱却コンサルタント

有限会社村松鈑金東京オフィス 代表取締役 村松利孝

屋根の板金工事業で、完全自前受注体制を築き上げた異色の現役社長コンサルタント。稼業を継ぐも、下請けの理不尽さに憤慨。下請け脱却を目指して20年、工事業の直販体制づくりを実現。その貴重なノウハウを同業に惜しみなく公開指導する。

さて今回は、「なかったものを手に入れるには」です。

昨日今日と勉強会に東京に来ています。

参加の目的は、今のコンサルのスキルアップに、です。

きっと、社長であるあなたは、いろんな勉強や、セミナー或いは、読書なんかで日々スキルアップを考え行動しているかと思います。

ただ、毎日の工事、業務の合間なので、本腰入れた意識改革や、新規の取り組みを開始するのはどうしても後回しになりがちです。

私も、平日は、ほぼ打ち合わせ、業務時間に時間の大半を取られて、本当は大事な自身のスキルアップ、新たな取り組みを実行する時間を確保することが出来ないことのほうが多いです。

結果、それらを手に入れるのが1年後とか、3年後になってしまう。

もちろん今すぐやらない経営自体に大きな影響を及ぼす、売上がなくなるとかだと、緊急性がありますから、何をさておいても取り組みますが、本当は工事店にとって重要な取り組みは、緊急性はないのでどうしても後回しになってしまいがちです。

もうひとつ、将来のむけての取り組みが進まない原因があります。

それは、自己中心ですべて解決しようとして、外部の意見や考え方を受け入れない自身がいるということ。ネット上のうわべの情報を取りに行って分かった気になったり、全部自分でやれば、そのうち出来ると思うことです。

ある意味、確かにその通りなのですが、日々忙しいのと自分だけの改革は、同じ情報でも、そもそも自分のメガネで判断したりしますから、本当の意味を間違えていることとかに気づかない。

自分のいいように解釈すると、本当の意味を間違えるから、そもそも結果もついてこない。

そんな繰り返しって、けっこうあると思いますがいかがでしょうか?

当コンサルタントの関連商品を販売しています。

ではどうするか。

自分の目で見て頭でよく考えて、今の自分より優れたものを持っていると判断した人に習うこと。

自分のほしいスキルを手に入れ実際結果を出している人に教えてもらうことです

そんなことは、ビジネス本だけ読めば分かるから、自分には必要ないと思われるかもしれません。

村松も、24年間ずっといろんな本を読んだり、情報を取りに行っていました。

でも先ほどの自分メガネで解釈するから、結果が出にくかったり、時間が長くかかったりしてきました。

今回の勉強会参加にも、実際迷ったし、比較もしましたが、今以上のスキルを、自分の決めた期間中に手に入れるために参加を決意しました。

自分の持っていない知識技術は、それを持ち合わせている人に習う。

これが欲しい結果を最速で手に入れると判断したからです。

あと、時間的な強制力もあります。

業務の時間を割かないと東京出張も出来ません。普段の仕事の合間ではやれないことでも、相手のある予定を入れ込むことで、その時間は強制的にそれに取り組む時間になります。

費用の事もあります。

決して少なくない費用を支払うことで、その掛けた費用以上もちろん早急に結果に結びつけ、最低限回収するという自己強制力も、そのことを進める力になります。

今回の勉強会は、私のクライアントさんに、より良い価値を提供できるように、自分のスキルアップを期間を決めて実現するいう目的で参加を決めました。

いかがでしょうか。

あなたは、今の工事店経営で、もっとこうしたい、こうありたい姿は持っていますか?

その取り組みの実現をどのように行動していきますか?

あなたは、いつ本気で期限を決めますか?

令和元年こそ、あなたの専門工事逆転経営元年にしてみませんか! 

どうしても気になる、やってみたい!うちの会社でも実現可能なのかは、「思いたった今」こそです!村松まで今すぐお問合せください。

そのうち、ゆくゆくでは一生変わりません。

今度は、あなたがアクションを起こす番です。

 

【工事業専門】直販工事受注への視点
村松利孝

下請工事業脱却コンサルタント

有限会社村松鈑金東京オフィス代表取締役

村松利孝

執筆者のWebサイトはこちら http://motoukeka.com/

当コンサルタントの関連商品を販売しています。
当社の関連商品を販売しています。
月刊誌(無料)登録フォーム

×