トップ > コラム > 社長が知っておくべき、儲かっている会社がもつ独特のリズム

社長が知っておくべき、儲かっている会社がもつ独特のリズム

  キラーサービス(特別対応の標準化) 中川洋一 SPECIAL
中川洋一 SPECIAL

キラーサービス(特別対応の標準化)コンサルタント

株式会社キラーサービス研究所 代表取締役 中川洋一

経営革新コンサルタント。特別対応を標準化することで、ライバル不在で儲かる、「特注ビジネス」づくりの専門家。倒産状態に陥った企業の経営再建から、成長企業の新規事業立ち上げまで、様々なステージにある数多くの企業を支援。イレギュラー対応を仕組みで廻して独自の市場をつくりだす画期的手法に、多くの経営者から絶大な評価を集める注目のコンサルタント。

当コンサルタント開催セミナーがあります。

「やっと儲かる会社のリズムになってきましたね。」― クライアントとの定例会議にて私から社長にそう声をかけると、「いやー、まだまだ。迷いが消えません。」と笑いながら謙遜をされました。

うまくいっている会社には共通してある特徴があります。それは「経営のリズムがいい」ということです。

これは言いかえると、「決めるべきことがタイムリーに決まっていっている」ということになります。事業がうまくいっている会社というのは、いま何を決断しないといけないかが明確になっており、それを社長がテンポよく決めていきます。

社長が決断をすれば、そこから行動が生まれます。「打ち手」が社員に降りていきます。その行動からまた新たな課題が生まれ、それらもまたタイムリーな決断とともに対処されていくという、リズミカルな循環がおこります。

このように、うまくいっている会社というのは、社長の決断のリズムが会社全体に
いい影響を与え、やるべきことがテンポよく進んでいくのです。

これが、うまくいっていない会社となると、このリズムが非常にゆっくりとなります。社長が決断すべきことが、なかなか決められずに長らく放置されていたり、あるいは決めるべきことが何かも明確になっていないといった具合です。

こういう会社の社長に「あの件はどうなりましたか?」とお聞きすると、「あれはいま社内で検討中です。」といった答えが返ってきます。しかし、こちらが突っ込んで「具体的に何をどう検討されていらっしゃいますか?」とお聞きすると、「えー、それは…」と歯切れが悪かったり、あるいは「部下にやらせている」と言いながら、部下の方に聞いてみたら何もやっていなかった、といったことが非常に多いのです。

これは「考えている」「検討している」と言いながら、実際のところは「迷っているだけ」ということです。迷うというのは考えていることにはなりませんし、ただ頭の中で寝かせているだけですから、当然ながら答えは出てこず、いつまでも決断が先送りされることとなります。

当コンサルタントの関連商品を販売しています。

そして、この社長の「決断の遅さ」は社員にも容易に伝播します。みんながゆっくり考え、迷い、行動を先送りします。まったく緊張感のない職場が出来上がってしまうのです。

なぜこうなってしまうのか? それは「社長がテンポの速い経営に慣れていないから」です。

経営のリズムやテンポというものは、やはり実際に体感しないと身につかないものです。ですから、会社の創業や大きな新規事業の立ち上げ、あるいは急成長事業に身を置いたことのある社長であれば、「いい経営リズム」というものをカラダで体得されていることが多いですが、先代から引き継いだ社長や、創業者でも事業が成長軌道に乗っていない会社の社長となると、このリズムを体得しておらず、遅いリズムが当たり前となっているのです。

ですから、ゆっくりの経営リズムに慣れている社長は、意図的に成長企業がもつ「速いリズムの経営」を自社の中につくり出していかなければなりません。

では、どうすればそういった「いい経営リズム」を定着されることができるのか?

決定を早くし、いい経営リズムを生み出すために必要なことは、まずは「打ち手の明確化」です。

いま会社の課題は何で、それを解決するために何をすべきか。これを戦略レベルから考え、そして戦術、つまり実際の行動内容まで落とし込んで言語化します。

そしてそれを1枚のシートにして、つねにやるべきことを見える化するのです。そうすれば、いま何が決まっていて、何が決まっていないのか、決めるためには何が必要なのか、といったことが一目でわかります。「いま誰が何を止めてしまっているのか」ということも明らかになります。

そして、もう一つ大事なことは、見える化した個々の打ち手について必ず「実行者名と締め切り」を明らかにすることです。

儲かっている会社には適度な緊張感があり、個々の社員が「何をいつまでに」やるべきか理解しています。一方、儲かっていない会社、うまくいっていない会社では、往々にして「誰が、何を、いつまでに」がうやむやになっているのです。この差が会社の成長に大きく影響することは容易に想像がつくはずです。

つまり、ちゃんとプロジェクトマネジメントを実行し、戦略的打ち手を早回ししていくことで、いいリズムは自然と生まれていきます。

事業を成長軌道に乗せるには、「いい経営リズム」を社長が率先してつくっていくことが肝要です。これは社員を焦らせることではなく、彼らをいいテンポにのせるというイメージです。

決断されるべきことがきちんとタイムリーに決断され、それがしっかり実行されていく組織をつくることができれば、当然ながらそこにいる社員はのってきます。結果を出すことが楽しくて、自発性が生まれてくるのです。

新時代を駆け抜けるために、社長自ら「儲かる経営リズム」をつくり出し、テンポよくノリノリで経営を進めていきましょう。

 

当コンサルタント開催セミナーがあります。

儲かるキラーサービスを つくる社長の視点
中川洋一

キラーサービス(特別対応の標準化)コンサルタント

株式会社キラーサービス研究所代表取締役

中川洋一

執筆者のWebサイトはこちら http://ksli.co.jp/

当コンサルタントの関連商品を販売しています。
当社の関連商品を販売しています。
月刊誌(無料)登録フォーム

×