コロナ過でも好調な会社が大事にしている「商売の原理原則」 | 日本コンサルティング推進機構

本物のコンサルティングをより身近に。

コロナ過でも好調な会社が大事にしている「商売の原理原則」

SPECIAL

キラーサービス(特別対応の標準化)コンサルタント

株式会社キラーサービス研究所

代表取締役 

経営革新コンサルタント。イレギュラー対応を標準化することで、ライバル不在で儲かる、「特別ビジネス」をつくりあげる専門家。倒産状態に陥った企業の経営再建から、成長企業の新規事業立ち上げまで、様々なステージにある数多くの企業を支援。イレギュラー対応を仕組みで廻して独自の市場をつくりだす画期的手法に、多くの経営者から絶大な評価を集める注目のコンサルタント。

「中川さん、アフターコロナ時代の飲食店ってどうなりますかねえ?」── 近々飲食店をオープンさせようと準備を進められている、あるビジネス仲間の方からこんな問いかけがありました。

「え? この時期に飲食店を開業?」と思われる方も多いかもしれませんが、よくよくお話を伺ってみると、やはりちゃんと「商売の原理原則」を押さえてられており、「さすが!」と胸をなでおろしたところでした。

この「商売の原理原則」ですが、もちろんそれを押さえていれば経営はすべてうまくいく!なんていうほどビジネスは甘いものではありませんが、これを押さえていないことには、それはもう何をやっても絶対にうまくいかない!と断言できるものだったりします。

それはシンプルに「お客様を喜ばせたいと思ってやっているか?」ということです。

これを聞いてほとんどの方が「なんだ、そんなことか…」とか、「当たり前じゃないか」と思われたことでしょう。私もそう思います。しかしながら、実際にコンサルタントとして数多くの企業と関わらせていただく中で感じることは、この「お客様を喜ばせよう!」という意識が欠落している現場が非常に多いという残念な事実です。

商売で一番大切な「お客様」が、いつの間にか「数」、あるいは「リスト」として扱われてきた昨今。「経営=集客」と言わんばかりに、とにかく最新のウェブやSNSマーケティング手法を取り入れて数を集める…。

売れ行きや顧客数を示す折れ線グラフはしょっちゅう見ているが、肝心の「お客様が思っていること」に意識を向けず、「顧客が減ったからまた集めよう」という単純な発想しか持ちえない経営者が迎える末路は目に見えています。

これはまるで「栓の抜けたお風呂にお湯をためるようなもの」で、勢いよく新しい顧客が入ってきているうちはいいのですが、その勢いが衰えたとたんに自社の商売において「栓が抜けている」ことがわかってしまう。

そんな状態をコロナ禍が明らかにしてしまったといっていいでしょう。その証拠に、これまでしっかり顧客と向き合い、「お客様を喜ばせたい」との思いでやってこられたところは、コロナ禍においても繁盛していたり、落ち込みを最小限に食い止めておられたりします。

私は外で飲んだり食べたりすることが大好きな人間ですが、つい何度も通ってしまう行きつけのお店はコロナ禍においてもずっと繁盛しています。それらのお店にはあるひとつの特徴があります。それは、店主や店員さんの方からしょっちゅう「これうまいですよ!」とか、「それおいしいですよねー!」という声がかかるという点です。

もともと「ごちそう(ご馳走)」という言葉の意味は、大切な客人を迎えるために、方々に馬を走らせて食材を調達した、というものですが、こんな状況でも繁盛しているお店というのは、本当に大切な人をお迎えするかのように、おいしいと思うものを真心をこめて出しています。その店主の気持ちが従業員やアルバイトの店員の心にも行き届いています。

もちろん、これは飲食店に限った話ではありません。うまくいっている会社は「どうやったらお客様が喜ぶか」、「どうすれば自分たちならではのサービスが届けられるか」という思いが原動力となっています。そのために心を尽くしています。

先日、あるクライアント企業において、新しいキラーサービスを生み出そうと企画会議をしていたところです。ある程度案が出尽くしたところで、とある経営幹部の方が言われました。

「これってそもそも何のためにやるんでしたっけ? 顧客数の拡大なのか、既存顧客のリピートのためか、それともー」

私が何かを言う前に、その会社の社長がすかさず口を開きました。

「それは当然、お客様を喜ばすためだよ」

流石です。そして、その経営幹部の方も「それはそうでした」と、少し頭が固くなっていたことにお気づきになられました。

当社のコンサルティングについても、「圧倒的な差別化」とか「利益3倍化を実現」などと謳っていますが、やっていることは「もっとお客様に喜んでいただくためのお手伝い」にほかなりません。

せっかくの想いでやっていても、気づいたら他社と同じようなことしかやれていなかったり、社内のオペレーションがぐちゃぐちゃになってしまっていたりといったお悩みを解消すべく、『特別対応の仕組み化』という切り口でご支援していますが、狙いは、心からお客様に感謝される「報われる経営」の実現です。

お客様を横においた経営が続くはずがありません。誤解を恐れずに申し上げれば、このコロナ禍は中途半端な気持ちでやっている企業を市場から一掃させる浄化作用となることでしょう。「原点に戻れ」と天が言っているように思います。

もちろん、想いをもって一生懸命やられている企業であっても、大変苦しい思いをされているところもあるでしょう。

そのような場合はぜひ当社にお声かけください。皆さんの想いと頑張りが報われるよう、全力でご支援させていただきます。

このような苦しい時こそ「商売の原点」に立ち返り、お客様の笑顔のために自社の存在感を高めていきましょう。

 

コラムの更新をお知らせします!

コラムはいかがでしたか? 下記よりメールアドレスをご登録いただくと、更新時にご案内をお届けします(解除は随時可能です)。ぜひ、ご登録ください。